私の競艇必勝法はこちらで公開

競艇でコロガシをする人が勝てない理由

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

今日は競艇のコロガシについて話したいと思います。最初にハッキリと言っておきますが、競艇でコロガシをする人は勝てません。まぐれのラッキーで勝つ事はあっても長期間勝ち続けることはできません。

なぜか?

それはコロガシと言う買い方が非常に損な買い方だからです。例えば1万円からコロガシをスタートしたとします。最初に3倍の舟券を1点買いして、的中しました。

払い戻しは当然3万円なので、この3万円をさらに3倍の舟券1点に賭けて、また的中して9万円になりました。この9万円をまた3倍の1点買いで的中させて27万円になったとしましょう。

最初の元金は1万円なので27倍になったわけです。実は3倍のオッズの舟券と言うのは統計上や理論上の的中率で言うと、

75% ÷ 3.0 = 25%

25%の的中率しかありません。
これが3回連続で当たる確率は、

0.25 × 0.25 × 0.25 = 0.0156 = 1.56%

1.56%の成功率、つまり64回に1回の成功率と言う事なんですが、3倍のコロガシではなく、27倍の舟券に一発勝負をしたとしたら、成功率はどれぐらいになるかと言うと、

75% ÷ 27.0 = 2.78%

2.78%なので、36回に1回の成功率となります。

上記の計算を見てもわかる通り、本来元金を27倍に増やすには36分の1の確率をクリアすれば良いだけであるにも関わらず、コロガシをする人はわざわざ64分の1の確率をクリアして元金を27倍にしようとしていると言う事です。

今回は3倍の3回コロガシで試算しましたが、このオッズやコロガシの回数が変わっても結局コロガシは損をする舟券の買い方で、出来る限り1発勝負にした方が同じ難易度でより多くの利益を得る事ができます。

どうしてこのような現象が起きるかと言うと、競艇は舟券の売上から主催者が25%を収益として吸い上げて、残りの75%を舟券的中者で分配するわけです。

なので、3レースに分けて転がすと言う事は、1回目で吸い上げられ、2回目の吸いあげられ、3回目の的中でも吸い上げられてしまうからです。

1発勝負なら主催者に天引きされるのは1回で済みます。このように競艇と言うのは知識があれば損をしなくて済むのに、知識が無いがために損ばかりしている人が大勢います。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

ツイッターもはじめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする