私の競艇必勝法はこちらで公開

競艇で儲かる買い方を研究した結果

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

私は初めて競艇をした時に、とても悔しい負け方をしました。しかも、負けたくなかったので入念に研究して勉強して、準備を万全にして勝負に向かったにも関わらず大敗したのです。

ただ、今思えばあの時の大負けがあったからこそ、その悔しさをモチベーションに競艇の研究を続けて来れたのではないかと考えています。私はその最初の大負け以来、競艇で儲かる買い方を色々と考えては試し、試しては考え、様々なバリエーションをテストしてみました。

その結果私は「全ての組み合わせを買う」と言う考えにたどり着き、舟券の2連複で全ての組み合わせをマークカードに塗り、オッズに応じて賭け金を計算して「どれが当たっても同じぐらいの金額の払い戻し」になるようにしてみてはどうだろう?と考えたのです。

結果は当然の事ながら的中率は100%になるものの、回収率は絶対に100%を超えませんでした。全通り買ってしまうと、どんなに賭け金を調節しても、どれが当たっても赤字になってしまうのです。

もちろん、特定の買い目の賭け金を増やせば黒字になる買い目が作れるのですが、その分赤字の買い目のマイナスは大きくなりますから、平均するとどうしてもマイナス収支にしかなりません。

やはり全通り買いと言うのは無茶だったかなぁ・・・と思っている時に、私が以前書いた「100%的中率を維持したまま絶対勝つ方法」のアイデアを思いついたわけです。

実際このアイデアは的中率は100%を維持出来て、なおかつ舟券の回収率も100%を超えるまさに必勝法でした。マーチンゲール法のような、外れ続けて賭け金が膨らみすぎてにっちもさっちも行かなくなるような事はありません。なんせ的中率が100%なのですから。

しかし、このアイデアにはいくつかの弱点があって、オッズが1分1秒ごとに変動する中、そのオッズから必要な賭け金を計算し、マークカードを塗るまたはネット投票をすると言う一連の作業をかなり正確にスピーディに行う必要があるわけです。

また、この必ず儲かる必勝法の使えるレースは全てのレースではなく、ある程度条件が重なりあった時に出来る「隙」を突くような方法なので、常にオッズを監視しておかなければならない割に、賭けのチャンス自体がそれほど多くは確保出来ないと言う問題もありました。

しかし、アイデアの目の付け所は決して間違っていないはずで、後でわかった事ですが実際にイギリスなどの「ギャンブルが固定オッズの国」では私と全く同じ アイデアを利用して儲けている人がたくさん存在する事がわかりました。(もちろんイギリスに競艇はありませんから、全然別のギャンブルですよ)

つまり、理論としては間違っていないと言う事です。問題点は大きく2つ、1つ目は賭けのチャンスが少ないと言う事、2つ目はオッズの変動に弱い事、この2つの問題がクリア出来なければ、どんなに優れた理論もまさに「絵に描いた餅」になってしまいます。

毎日毎日私は試行錯誤して研究しました。オッズ情報取得、計算、投票を全てコンピュータで自動化して一瞬で行えるプログラムを頭の中で設計していたのですが、実際に開発に着手する前に、ある理由により開発を中止しました。

ある理由とは、ネット投票は本場締め切りの3分前ですから、自分の投票後にオッズが変動してしまえば上手くいかないと言う事です。

かと言って本場でオッズを目視にて確認し、手作業で計算、マークカード記入、投票窓口へと言うのは締め切りギリギリに買えるものの、それでもオッズは動く時があるし、そもそも賭けのチャンスが本場に限定されるのでやっぱり儲けのチャンスが少ない事はネックです。

で、結論から言うと、私はその2つの問題点をクリアできる方法を考え出しました。ただ、的中率は100%では無くなりましたが、その分回収率を高める方が結局得策だと気付いたのです。

的中率は100%ではなくなりましたが、その代わりに全ての競艇場で全てのレースを対象に、インターネット投票で賭けが行えるようになったので、賭けのチャンスが大幅に増えてくれて、 結果的には的中率100%の時の方法と同じぐらい収支は日々安定すると言う状況です。

で、私のこの辿り着いた結論を文章にまとめたのが競艇教科書と言うわけですね。時々「100%的中率を維持したまま絶対勝つ方法」の記事を読んで、ぜひそ の方法の詳しい話を聞きたい!と言う人がいるんですが、はっきり言って競艇教科書にもっと現実的で良い方法を書いているので、さっさと競艇教科書を読んだ 方が早いですよと言う話なんですよね。

的中率にばかり目を奪われていると、私と同じ回り道をしなくちゃいけなくなります。私のように毎日競艇でお金を儲けて、その金で好きな事を好きな時に、好きなだけできるライフスタイルを手に入れたい人は、今すぐ競艇教科書を読んでみて下さい。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする