私の競艇必勝法はこちらで公開

他艇の航跡に乗るとキャビるので不利になる

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

先にターンマークを旋回した艇の引き波など、水面の凸凹でプロペラが空転して減速する現象をキャビテーションと言います。

ボートレースでは、当たり前の話ですがモーターボートで水面を滑走するわけですが、 その原動力となっているモーターの回転を推進力に変えているのは、手のひらを広げた程度の大きさの小さなプロペラ1つです。

ボートが走った航跡には引き波と呼ばれる波が起きて、水面は平坦ではなく凸凹になりがちです。 競艇用のボートに取り付けられたプロペラはかなり水面に近い位置にあるので、水面が凸凹になっていると、 まともに水を「掻く」事が出来ず、プロペラが空転する時があります。

ターンマーク付近などで「ブォォォォン!」とエンジンが高回転になる音とともに艇のスピードが一気に減速する現象です。 その現象を「キャビテーション」と言って、キャビテーションを起こした事を「キャビった」「キャビる」などと言います。

このキャビっている状態は、車で言えばドリフトやハイドロ・プレーニング現象のようにタイヤが路面を捉えきれていない状態なので、 いくらアクセルを全開にしても加速しません。

スタートタイミングならば0.01秒単位で競われる競艇において、キャビテーションで他艇に置いてけぼりを食らうのは致命的です。

舟券購入前の予想段階で、キャビテーションの影響を予測する事は出来ないのか?

キャビテーションは引き波の上を走った際に必ず発生するとは限りませんし、 事前にどの艇がキャビテーションの餌食になるかまでは予想する事はまず不可能と言っても良いと思います。

ただ、キャビって失速するケースには特徴があって、スタートが遅い選手は当然他の選手の引き波に乗りやすいし、 水面のコース幅が広いコースよりも、狭いコースの方が艇がひしめき合っているので当然引き波の影響を受けやすいわけです。

なので、1コースの1号艇で2コースに2号艇が入ると予想したレースの場合、 1号艇を軸にした舟券を買う時に、1号艇がターンをする直後に1号艇のインを回らざるを得ない2号艇はキャビって失速するリスクは常にあります。

一方、スタートが上手くてマクリ手に長けているカド進入の選手(通常4コースの選手を指す場合が多い)ならば、 他艇の外を回るので引き波に乗ってキャビると言うリスクが殆どありません。

そういう事も計算に入れながら舟券を組み立ててみてください。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする