私の競艇必勝法はこちらで公開

ボートレース大村競艇場のコース特徴 有利不利 攻略法

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

今回はボートレース発祥の地である大村競艇場の水面特性、コース特徴について有利不利などを調べて攻略法を探ってみたいと思います。

oomura-suimen

大村競艇場の水面は海水を使用していて、干満差もあります。つまり基本セオリーから考えると、都市部の工業用水プールなどと比べると、あまり堅い・平穏に決まるという特徴にはならないはずです。

しかし、大村競艇場の特徴というと、やはり「堅い決着」とか「安い配当」というイメージを強く持っている方もいらっしゃるのでは無いでしょうかね?

確かに大村競艇場では1コースの勝率が60%を超えていて、全国トップクラスの「インが強い競艇場」ですから、あまり配当的に荒れるというイメージは持ちづらいですよね。

ナイターレースでお馴染みの桐生なんかとちょっと比較してみましょうか。両場の2連複1番人気の組み合わせの的中率と回収率を調べてみました。

的中率 回収率
桐生 31% 76%
大村 36% 75%

ごらんの通り確かに大村の方が2連複の1番人気の組み合わせで決着する割合は多いようですが、事前のイメージほどの差が無いなぁ…というのも正直な感想です。

しかし、これが「めざまし戦」や5R、または進入固定に特化したシリーズなんかになるとガラリと印象が変わります。大村競艇場において進入固定競走では2連複1番人気の組み合わせの的中率は48%とほぼ50%に迫るほど高まります。

回収率もこれに伴って86%まで上昇しますから、このへんが大村競艇場に対して「堅い」というイメージをもたせる原因になっているようですね。

裏を返せば、進入固定とそれ以外のレースを全部混ぜて「桐生と大差ない」レベルって事はやはり大村競艇場は人為的に「堅いレース」を演出する傾向にあるが、基本的には堅く収まるような競艇場の作りにはなっていないという事です。

ただし、競艇場のピットの位置が2マークの観客席側にあり、これが結構6コースに入る選手にとっては邪魔臭い存在なんですよ。(以下の画像参照)

oomura-start

なんとなく窮屈な感じが伝わるでしょうか?上記の図はちょっとデフォルメしてわかりやすくし過ぎてる感じはありますが、6コースは結構窮屈な思いをするのは事実です。

そして第1マーク付近では2コースから5コースの艇が外に寄って来るので、やはり6コース艇は窮屈になってしまい、かなり不利です。先程名前のあがった桐生競艇場なんかと比べて6コース勝率が半分くらいしかありません。

ボートレース大村の「堅さ」は進入固定と6コースの弱さによるものって事です。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする