競艇1点買いのコツ

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇1点買いのコツについて解説したいと思います。

競馬の単勝(18通り)で1点買いが珍しくないように、昔は競艇の2連複(15通り)で1点買いする事は普通に良く見かけたものですが、3連単(120通り)だと勇気がいる買い方です。

1点買いは無駄が無い

三連単は同着が無い限り、当たりの組み合わせは1つだけ。2点3点と買い目が増えれば、舟券が当たりやすくなる一方で、同時にハズレ馬券もそれだけ多く買う事になります。

その結果トリガミと呼ばれる「当たったのに損する」結果にもなりがち。

1点買いは、当たりづらい反面、当たった時の利益率は大きいし、絶対にトリガミにはならないので、そのレース単体で見れば当たれば必ずプラスになるのもメリット。

さらに自分の買った組み合わせの中で、1艇でもフライングすれば全額返還になるのでノーダメージなのもメリットですね。

普通は当たっても返還で配当が減るし、外れたらお金減っちゃうし。

ギャンブル用語で1点買いの事はスイチと言うよ!

1点買いのコツ

1点買いのコツは「わかりやすいレースで買う」事ですね。

例えば「このメンバーなら1号艇と2号艇が順当に1着2着だろう。3号艇の選手は格下なので、3着にはA級の4号艇の差しが決まるのは濃厚だ」みたいなレース。

逆に1点買いが向いていないのは難しいレース。

1号艇が1着か?いやいや、待てよ、こいつじゃ逃げをミスするかも知れないな…しかし、かと言って2号艇も3号艇も頼りにならないし…みたいなレースは向かない。

難しいレースで無理やり1点買いするのは、目を閉じて飛ぶ鳥を射抜くようなもの。

しっかり狙って「矢は1本で足りる!」と思えるから1点買いにするんだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする