競艇イン屋とは

競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇でイン屋とは、自分が外枠だったとしても、殆どのレースで強引にインコースに進入を試みるイン大好き選手の事です。

江口晃生なんかが代表的なイン屋でしょうかね。

他にも鈴木幸夫・西田靖・西島義則・今村暢孝・上瀧和則・石川真二・深川真二・村上純なんかも積極的に前付けしてくる選手ですね。

イン屋がいると荒れる

イン屋選手がいるレースって、その選手の舟券を買って、インに入れればオッケーやけど、抵抗されてインに入れんかったら地獄やもんな!

かと言って内枠艇が抵抗する読みで舟券買って、すんなり前付けされてしまっても地獄!どっちに転んでも地獄なんかい!って感じ。

多くの選手の特徴を調べて気付いたんやけど、イン屋の選手ってそんなに上手い選手多く無いんよね。インに入るから勝率は高いんやけど、上手くは無い。

それに強引にインを奪う事もあるから、深イン(スタート前にスタートラインに近付き過ぎてしまい、充分な加速距離が保てない状態)になりがち。

上手い選手の1コース勝率は75%ほどあるのに対し、強引なイン屋の1コースでの勝率は50%程度の場合がザラ!

要するにイン屋ってアウトコースからではどうにも太刀打ち出来ないからこそ、無理をしてでもインコースを取りに行くってわけ。

インを取りに動いた結果、狙ったコースに入れない事もある。インに入れなかったイン屋なんて舟券の役に立たへんからね。困ったね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする