競艇負ける人の負ける理由と負けない方法

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

今回は競艇の舟券で負ける人の負ける理由について話したいと思います。競艇で負ける人にはいくつかの共通点があって、あなたはいくつ当てはまるか数えてみてください。

  • ほぼ全てのレースで舟券を買ってしまう
  • 外れるのが嫌なのでついつい買い目の点数が多くなる
  • 舟券が外れると感情的になってしまう
  • 引き際がわかっていない
  • ベットマネジメントが出来ていない
  • 舟券はとにかく当てれば良いと思っている
  • 舟券は高配当ほど良いと思っている

などなど、他にも出せばいくらでも出てきそうですが、とりあえずはこんなところでしょうかね。あなたはいくつ当てはまったでしょうか?それでは1つずつ解説していきましょう。

ほぼ全てのレースで舟券を買ってしまう

競艇場では1日12レース行なっていますが、誰にとっても「とれるレース」と「とれないレース」の2タイプのレースがあり、その条件は様々であれど手数が増えれば増えるほど「とれないレース」を沢山買ってしまう事につながります。

競艇のオッズはご存知の通り全ての舟券売上から25%を競艇場が取り分としてピンハネします(これをテラ銭と言います)から、競艇場のファンの金は少しずつ少しずつ主催者に吸い取られて目減りしていっているわけです。

そんな下りエスカレーターを逆走するような状況の中で舟券収支をプラスにするには、やはり得意パターンのレースを狙いすました方が効率が良いに決まってます。

野球だと見逃し三振はアウトになってデメリットにつながるので良くないと言われる場合がありますが、競艇の場合はいくら見送ったって金は減りません。自分がイケル!と思うレースを待つってのは大切なんですよ。

外れるのが嫌なのでついつい買い目の点数が多くなる

さっきは舟券を買うレース数の多さについて話しましたが、次は1レースに買う舟券の買い目の多さについて話します。

以前競艇 三連単 全通り買うと何通りで回収率は何パーセントになるのか?でも書いた通り、舟券は買い目の点数が増えれば増えるほど当たりやすくなる反面、他の外れた買い目の損失分が利益を圧迫するので儲けづらくなってしまいます。

そもそも買い目が増えてしまうって事はレース自体を読みきれていないから買い目が増えるのであって、これは先程のレースを絞るという話に通ずるのですが、自分が買うべきレースではないレースに手を出しているからこそ、不安になって買い目が増えてしまうんですよ。

舟券が外れると感情的になってしまう

誰だって舟券が外れるのは悔しいです。しかも勝てるはずのレースなのに選手が明らかなミスをやらかして舟券が外れてしまうと、やり場の無い怒りがこみ上げて来るのはとってもよく理解できます。

ただ昔から「バクチは熱くなったら負け」という格言があり、ポーカーフェイスという言葉からも腹の中が煮えくり返っていても冷静さを失わない事はすごく重要なんですよね。

経験的に知っているかと思いますが、やはり怒っている時ってアドレナリンが分泌されてるので、人間は体温や心拍数が上がって闘争態勢になっています。

例えば殴り合いなどの場合はこれが良い作用もあるんですが、痛みを感じにくくなったりする興奮状態なので、負けを取り返したくて舟券にドカンと突っ込んで、家に帰って後悔するのはこのためです。

競艇(舟券予想)だって将棋やチェスのように論理的な思考が必要な作業ですから、そういう状態は望ましくありません。

逆に舟券がポコポコ面白いように連続で当たってる時って気持ち良いですよね。あれはドーパミンという快楽物質が分泌されている状態で、やる気や積極性、意欲が向上する作用があるので、舟券検討にプラスなんですよ。

麻雀する人なら「バカヅキ」って言葉を聞いた事があるかと思いますが、あれはこのドーパミンがジャブジャブ出てる状態なんですね。まぁドーパミンは依存症にもつながりやすい物質なので多けりゃ良いってわけでも無いかも知れませんが…。

梅干しを想像したら唾液が分泌されるのと同じように、舟券を的中させる事でさらに舟券的中に役立つ物質が体内に分泌されちゃうわけですね。

人間の体が面白いのは、ほんのちょっとのストレスにさらされると今度はノルアドレナリンというさっきのアドレナリンとは違う物質が分泌されます。

ノルアドレナリンは人間の意識や思考を活性化する働きがあり、こちらも「よーし、やってやろう!」という気持ちにつながる物質です。なので、ちょっとのハズレや負けは良い作用につながるわけですよ。

いわばノルアドレナリンはアドレナリンの一歩手前の状態の物質なので、普段は金額を守って勝負出来ているのに、ちょっと大きく賭けた時に限って舟券が外れ てそこからグダグダに崩れてフルボッコにされてしまった…なんて時は、この越えてはならない境界線を越えてしまったと言えます。

ベットマネジメントが出来ていない

ベットマネジメントとは簡単にいうと資金管理の事で、財布に何円入っていようが競艇場から出てきた時にはいつも綺麗サッパリなくなってる…という人や、いつも自分がどれだけ勝ち負け(損得)しているのか金額を把握していないような人に当てはまります。

あとはマーチンゲールの法則とか、倍賭けとか、追い上げ系の賭け方をしちゃう人ですね。競艇でコロガシをする人が勝てない理由とか、競艇 マーチンゲール法 二連単 三連単 三連複 二連複でも書いたように賭け金の操作だけでは舟券は勝ち続ける事が出来ません。

舟券はとにかく当てれば良いと思っている

舟券が外れるのはストレスになるし、当たらない事には配当金が支払われないので、かなり多くの人が舟券で勝つにはとにかく沢山舟券を当てなくてはならないと考えてしまいがちです。

それとは逆に安い配当で当てたって儲からないから、とにかく高配当を当てなくちゃいけないと思ってる人もいます。

しかし、例えば極端な話110円の配当を100レース連続で当てたとしますよね?すると的中率は100%で舟券回収率は110%です。では99レース連続で外れたあと100レース目で11000円の配当を当てたらどうでしょう。これも回収率110%なんですよ。

つまり、100レース連続で当てても、100レースに1回しか当たらないでも舟券プラス収支の道はあるって事です。なので当てなきゃダメだって考えも、高 配当じゃなきゃダメだって考えも、どちらも間違いとまでは言いません。でも、ちょっと極論すぎるんですよね。その中間でもOKなんですから。

さっきも言ったように、ちょっとのハズレや負けはヤル気の刺激になりますから、自分にとってベストなバランスを自分でわかっとくのが大切なんですよ。

競艇で負けない方法

多くの人の舟券相談を受けてきた中で、負ける人にもっとも共通しているのは「圧倒的に勝つための知識が足りていない」という事です。

舟券を論理的に予想しようとしても、そもそも知識が足りていないので思考が浅いとか、確率的数学的に考えるとまるで意味の無い事やむしろマイナスになってしまうような舟券術を知らず知らずに実行してるとか、本当に多いです。

だから競艇で本当に負けたくない!儲けたい!と思っている人は、もっともっと舟券の事について貪欲学ぶ姿勢を持たないとダメです。今までと同じレベルの思考では、今まで以上の舟券回収率を実現できるわけが無いのですから。

めざせ!舟券で安定収入!

まるで毎日が給料日!年間回収率142%の男が、親兄弟にすら教えなかった競艇の勝つ極意とは?→今すぐ答えを知る

※削除される前に急いで読んでください!

私からのプレゼントです!

累計3600名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

  • 誰にでもできる舟券成績が倍になってしまったある工夫とは?
  • 予想会社も真っ青、すまん!全部もう言っちゃうわ!
  • 本命狙いと高配当狙い、どちらが良いのか?
  • ずるい!配当金を独占する方法とは?
  • なんか良い競艇予想アプリ知らない?実はここだけの話…
  • 競艇の勝ち組が教える舟券の考え方とは?

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。7秒後にあなたのメールアドレスにお届けします!(あれ?届かない…という場合は迷惑メールフォルダを見てみてね!)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。よくあるログインしてどうたら…とか、何かと屁理屈をこねて登録解除を渋る事は一切ありません!メールがいらないと思ったら好きな時にすぐに解除できます。

最新の秘密情報も発信するのでツイッターフォローもよろしく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする