競艇配当の決め方・オッズの決め方の計算式

競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇(ボートレース)の配当(払戻金)およびオッズは舟券の売上額から、法律で定められた計算方法によって決めています。

モーターボート競走法・第十五条 施行者は、勝舟投票法の種類ごとに、勝舟投票の的中者に対し、その競走についての舟券の売上金(舟券の発売金額から第十八条の規定により返還すべき金額を差し引いたもの。以下同じ。)の額の百分の七十五以上国土交通大臣が定める率以下の範囲内で施行者が定める率に相当する金額を当該勝舟に対する各舟券に按分して払戻金として交付しなければならない。

要するに、舟券の売上から25%を主催者が取り、残りの75%を的中者で山分けするという仕組みになっています。

配当・オッズ=(舟券売上×0.75)÷的中票数

※票数とは賭け金100円の事を指す。その組み合わせが200円売れていれば2票で、1万円売れていれば100票という事になる。

ただし、三連単や三連複など違う券種同士は合算されず、それぞれの券種で独立して配当やオッズは決定されます。

なので三連複123がどれだけ沢山売れても、三連単のオッズや配当には影響なし。

関連:競艇同着払い戻しの解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする