もっともマクリが決まる競艇場

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

日本の競艇場でもっともマクリが決まる競艇場は戸田競艇場(戸田ボートレース場)です。ここ半年間のデータでは全体の23%で決まり手が「マクリ」でした。

やはりボートレース戸田競艇場のコース特徴 有利不利 攻略法でも書いたように、戸田の個性的なコースレイアウトが影響しているのかも知れません。

toda-suimen

第1ターンマークのあたりがかなり狭く作られてインコースがすごく窮屈になり、比較的自由がきくアウトコースが自在に動いて他艇を捌くのは容易に想像できます。

ただ、戸田競艇場では「マクリ差し」や「差し」の決まり手は他場と比較してそれほど多くは無いので、スタートを決めてターンマークを全速(減速しないで)で旋回する事がポイントなんでしょう。

どうしても他艇の懐を狙う「差し」やインコースの「逃げ」はターンマークでは減速しますよね。でも全速でマクって1マークを旋回すると、今度は2マークへも外側から突っ込むので2マークも速いスピードで旋回出来ます。

これ、わかりますかね?戸田競艇場で1マークをインで差されないように小さく回ると、そこから2マークへ直進すると今度は180度のターンをしなきゃいけませんよね。

でも全速で大回りすると2マークのターンが180度未満のターンで済むわけです。

まあそれでも戸田のコースレイアウトを持ってしても1コース勝率は39.7%と4割近いですからね、どうしても競艇は圧倒的に1コースが有利な事には違い無いのですが。

もっともマクリが決まるのは戸田競艇場ですが、それに続くのは平和島競艇場・多摩川競艇場・福岡競艇場の3場でそれぞれ全体の18%がマクリの決まり手で決着しています。

逆にマクリがあまり決まらないのは尼崎競艇場と徳山競艇場の2場で、イン逃げは5割以上の高確率で決まっているのですが、マクリはわずかに1割ほどになっています。

特に尼崎競艇場はボートレース尼崎競艇場のコース特徴 有利不利 攻略法にも書きましたが、マクリ差しの決まり手が他場の半分以下しかなく、マクリと合わせても全体の15%にしか届きません。

尼崎競艇場は「逃げ」と「差し」が多く、戸田競艇場とは対照的ですね。こういうコースの違いによる競走の中身の違いを知っておかないと、舟券で勝つ事は出来ません。

私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。→今すぐクリックして秘密のテキストを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする