競艇出走表のどのデータを見れば当たるのか?

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇初心者の人は、競艇(ボートレース)がインコースが有利だとか、インコースに進入しやすい1枠・内枠艇が有利だという事は知っているし、モーター複勝率や選手の得点も見てそのあたりも考えて舟券を買うのにさっぱり当たらない…そんな悩みを持っているかも知れません。

一番初心者が舟券予想で躓くのは進入予想かと思いますが、これも昔から比べるとわかりやすくなったのにも関わらず、相変わらず舟券がよく当たると言っている初心者には出くわしません。

ちなみに進入予想については競艇初心者のための進入予想法でも書いているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

で、舟券を当てて、舟券で儲けるためには出走表のどのデータ、どの項目を重視すれば良いのだろう…と、そこが知りたいと思いますが、実はこの考え自体が間違いです。

もちろん、枠番も大切ですし、平均STも大切、モーター複勝率も大切だし、選手ごとの進入コース別の連対率なんかも無視できない項目ではあるんですよ、でも、それだけじゃ舟券は勝てません。

なぜなら、本当に重視しなければならない予想ファクターは「出走表には載っていない」からです。

みんなと同じデータを使い、みんなと同じ視点で物事を考えれば、当然導き出される結論もみんなと同じになるわけですが、競艇に限らずギャンブルというのは敗者の金が勝者に分配されるので、みんなと同じ時に外れて、みんなと同じ時に当たっていれば儲かるわけが無いのです。

ごく一部の「逆行者」「異端児」にごっそりみんなの金を持って行かれるわけです。

こう言うと必ず「なるほど!じゃあ舟券は高配当を狙えば良いんだな!」と勘違いする人が出てくるのですが、そうではありません。

むしろ6号艇の1着固定で舟券買ったら的中率と回収率は何パーセントになるのか?でも書いたように、例えば3連単で人気の無い6号艇頭で買い続けたところで、舟券回収率は38%しかありません。

よく考えてみればわかるのですが、競艇には「本命党」とか「穴党」なんていう言葉がありますよね?競艇ファンには配当は低くともよく当たる人気サイドが好きな人と、当たった時の配当の大きさを重視する人とがいるって事です。

つまり高配当の舟券というのは発生する確率が低いわりに「高配当好きな人みんなが買っている舟券」なんですよね。人気サイドは本命党みんなが買っているし、高配当サイドは高配当好きなみんなが買っている。これ考えてみればごくごく自然の成り行きだと思います。

じゃあ何を買えば良いのか?それが「出走表には書かれていないデータを重視して舟券を買う」という事につながっていくわけですね。

私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。→今すぐクリックして秘密のテキストを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする