徳山競艇特徴

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

ボートレースの徳山競艇場の特徴について解説していきます。できるだけ舟券や競艇予想に直結する内容を優先的に話していきますね!

1コースの強さ

徳山競艇場の1コース勝率は、全国トップクラスですが、全体の1/3が1コースに強い選手を配置するシード番組なので、そのぶん1コース勝率が底上げされているのは事実。

1号艇のA級率は67%とかなり高めですが、同程度の下関と比べてイン逃げ成功率は高いので、競艇場の構造もインの強さに影響がありますね。

徳山 A1 A2 B1 B2 A級率
1 953 633 748 42 67%
2 656 637 1029 54 54%
3 629 613 1066 68 52%
4 640 573 1062 101 51%
5 592 546 1049 189 48%
6 558 520 941 357 45%
合計 4028 3522 5895 811 53%

超抜機モーター

徳山競艇場のモーターは毎年4月に入れ替えとなります。

徳山モーターランキング

徳山競艇は荒れるのか?

徳山競艇場の万舟券発生率は全国で最も低く、イン勝率も高い事から平穏な決着が多い競艇場だと言えますね!

徳山得意な選手

トップ選手の中で、徳山競艇場が得意な選手をリストアップ!

  • 白井   英治
  • 守田   俊介

徳山苦手な選手

トップ選手の中で、徳山競艇場が苦手な選手をリストアップ!

  • 上野  真之介
  • 前本   泰和
  • 篠崎   仁志
  • 松井    繁

コース分析

徳山競艇場のある瀬戸内海は元々波が穏やかですが、徳山競艇場のレースコースには防波堤が二重三重に作られており、さらに西に大島・南東に笠戸島が競艇場を囲うように位置しているため、海水コースとしては異例の静水面です。

※コース図は公式HPより引用

荒れない競艇場と言えども、強風になればなるほどイン逃げ成功率は下がりますが、西に標高360mの太華山があり、南東の笠戸島も標高250mあり、自然の防風壁となっていて、そもそも強風になりづらいという条件が揃っています。

発走するピットから第2ターンマークまでの距離も全国平均から言うとかなり加速距離が短く、外枠選手がインを奪いづらいため1コース艇が余裕を持って進入できるのもインの強さに拍車をかけています。

私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。→今すぐクリックして秘密のテキストを読む

大好評の無料メルマガ&レポートはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする