競艇 本番でスタート展示通りに進入コースが決まらないレースの解説

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇は展示を鵜呑みにせず、実際のレースでの駆け引きを洞察する事が重要です。

競艇には「進入」と言う独特の仕組みがあります。 基本的に誰がどのコースに入るかは選手(レーサー)の自由で、6号艇が1コースに入っても良いし、1号艇が6コースに入っても構わないわけです。

選手はそれぞれ自分の得意なコースだとか、競艇場の特徴で有利なコースを狙うとか、若手選手ならベテランの先輩にインコースを譲って自分は6コースに入るとか、 どこの枠番であろうともとりあえず1コースを狙いに行くイン屋と呼ばれる選手がいたり、様々な思惑や駆け引きによって進入コースが決まります。

昔の競艇はこの進入コース争いが激しくて、コアな競艇ファンにはここの駆け引きが一番面白い場面でもあったわけですが、 先輩がどうのこうの、あいつはカドを狙って来るからそれを阻止しようとこいつが動いて…とか、はっきり言って初心者にはそんなの予想しようが無いわけです。

初心者の内は舟券で負けて、ある程度「勉強代」を支払って、そうやって先輩舟券師は色んな知識や経験を積み上げて来たわけですが、 悲しいかな娯楽の溢れた現代では、勉強代を支払ってまで難しい事を勉強して行こうと言う初心者ファンは少数派。

なんだよ、競艇当たんねえな、意味わからんし、やーめた。

そう言って競艇から離れて行ってしまうわけですね。なので、近年は進入固定競走を設けたり、出来る限り進入を枠なりにしようとしたり、 スタート展示の時にある程度選手の狙っている進入コースをファンに知らせるような取り組みが行われています。

なので、大した経験や知識がなくても、場内のモニターやインターネットで展示での進入コースを見れば、 誰でも簡単にある程度どういう進入隊形になるのかはわかるようになったんですね。

ですが、完全に進入での駆け引きが消えてしまったわけではありません。

実際のレースでの事例を紹介しましょう

2014年9月3日にボートレース住之江競艇場9レース、出走表は以下の通り。

このレースは東京・大阪・福岡の三都市対抗戦として行われていたのですが、このレースで6号艇の田中信一郎が展示で動きを見せました。

6コースから最内の1コースに進入したわけです。当然これを見たファンは「田中信一郎やる気やな、地元だけにこれは頭かたいで!」と考えて、 そうなると展示で4コースに入る3号艇の田頭実がカドになるので、田中の逃げと田頭のカド差しで決まる6-3の組み合わせが人気していました。

そしてレース本番、展示と同じように6号艇の田中信一郎は動いてインコースを取りに行ったわけですが、 ここで4号艇の土屋昭が下記の図のように阻止しに動いたわけです。

これには田中も1コース取りを諦めて、なんとか4コースを確保する形になりました。 もうこの時点でスタート展示の進入を参考…と言うか、鵜呑みにしていた人は計算が大幅に狂ってしまいます。

そりゃそうですよね、過去の成績の統計上、田中信一郎の1コースでの舟券に絡む確率は95%ですが、4コースでは73%に減ってしまうわけですから。

これ、よく考えてみると、1コースを無事枠なりで取れた折下寛法は田中信一郎を阻止した土屋昭と同じ東京支部の選手ですよね。 なので他支部の田中にすんなりインを譲ったんでは面白くないと考えて、同じ支部の選手をサポートする意味もあったでしょう。

結局進入隊形123645でレースがスタートしました。 これで進入予想で土屋が阻止に動く事を読みきっていた人がいたら、しめしめ、思い通りの展開になったぞ、 もう舟券は当たったも同然だ…とほくそ笑んでいると思います。

ところがどっこい、せっかくサポートにより守られた1コースを生かす事なく1号艇折下まさかのスタート遅れ!

さらに本命田中信一郎もインを取れずにヤル気を無くしたのか、単純にミスったのかスタートが大幅に遅れてしまい…

ターンマーク手前で体勢を整えて2号艇と3号艇は1号艇の通過した瞬間に差しに動いて、さらにそれに6号艇が続いて3-2-6で決着となりました。 人気の6-3からの舟券を買っていた人にとっては実に歯がゆいレースだったと言えます。

1号艇遅れて飛ぶぐらいなら、田中を1コースに入れさせてやってくれよ!と多くの人が思ったはずです。 こんな感じで、進入の駆け引きを読むと、また違った舟券の可能性が見えてくるし、レース観戦自体が面白くなるよと言う事例の紹介でした。

めざせ!舟券で安定収入!

まるで毎日が給料日!年間回収率142%の男が、親兄弟にすら教えなかった競艇の勝つ極意とは?→今すぐ答えを知る

※削除される前に急いで読んでください!

私からのプレゼントです!

累計3600名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

  • 誰にでもできる舟券成績が倍になってしまったある工夫とは?
  • 予想会社も真っ青、すまん!全部もう言っちゃうわ!
  • 本命狙いと高配当狙い、どちらが良いのか?
  • ずるい!配当金を独占する方法とは?
  • なんか良い競艇予想アプリ知らない?実はここだけの話…
  • 競艇の勝ち組が教える舟券の考え方とは?

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。7秒後にあなたのメールアドレスにお届けします!(あれ?届かない…という場合は迷惑メールフォルダを見てみてね!)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。よくあるログインしてどうたら…とか、何かと屁理屈をこねて登録解除を渋る事は一切ありません!メールがいらないと思ったら好きな時にすぐに解除できます。

最新の秘密情報も発信するのでツイッターフォローもよろしく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする