ボートレースのやり方・場所・開催日・舟券の種類と買い方

競艇必勝法ふなばん.comの川田です。※新企画・AI競艇予想ふなばんもよろしく!

ボートレースのやり方を超初心者に向けて解説します。ボートレースとは1番から6番までの番号が付いたボートがレースするので、1口100円で舟券(ふなけん)と呼ばれる宝くじのような券を買い、1位2位3位の番号がピタリ賞なら当たり!と言うルール。

当たると宝くじの賞金のように配当金がもらえます!

おっと!

舟券が当たった画像

すいません!手がすべって、私がネットで買った舟券で、たった1レースで100円が19万円になった画像をうっかり載せてしまいました!

いやー自慢する気はちょっとしか無かったんですが!

ボートレース場所と開催日

場所

さて、ボートレースはいつ、どこで開催されているのか?まず、ボートレース場は全国に24箇所あるんですが、以下のマップをご覧ください。

ボートレース場の地図

ボートレース場は、いわゆる太平洋ベルトのエリアに集中して点在していて、北日本・南日本のエリアの人からはレース場はちょっと遠い存在です。

本当は実際にボートレース場まで足を運んで、生のレースの迫力を観て欲しいですが、遠方の方でもボートを楽しめるように、舟券を買えるショップが全国に展開されています。

こういうレースはモニターで見るだけだけど、券は買えるよって言う仕組みの施設を場外と呼んだりしています。主催者サイドはチケットショップなんて名前を付けてますが、ほとんどのファンは場外って呼んでますけどね!

残念ながら岩手・山形・長野・富山・沖縄には場外ショップが無く、遠征するかインターネットで舟券を購入するしか手段がありません。

※インターネットでの舟券購入はインターネット投票会員に入会しないといけないけど、誰でも入れるし、入会金や月会費のような料金は一切かからないから安心してくれ!

まあ今は近所にボートレース場がある人でもネットで楽しんでる時代ですけどね!

開催日

ボートレースは開催日が決まっていて、開催の無い日に行ってもレースはありません。ただ、場間場外と言って、他のレースをやってる場の舟券を売っていたりはしますので、ただ舟券を楽しむだけなら、大体いつ行っても大丈夫です。

365日・朝8時台〜夜の9時まで、日本のどこかではレースをやってます。

でもやっぱり生でレースを観戦して欲しいので、こちらのスケジュールページで、自分の行きたいボート場の開催日を確認しておきましょう!

朝早いレース場もあれば、ナイターレースに特化して夕方〜夜しかレースをやっていないレース場もあるので、各競艇場のホームページで確認するのが吉。

ちなみに全国競艇ライブ ボートレース中継スマホ&PCでは当日開催してるレース場がひと目でわかり、公式ホームページへのリンク一覧もこちらにあります。

初めての場合はいつ行っても新鮮で楽しいと思いますが、SGとかG1とかの開催日だと、トップレーサーばかり集まるお祭り的な開催なのでお客さんも多く、声援で盛り上がっているのを楽しめると思います。

関連:競艇SGとは?【ボートレースSGとは】

入場料と舟券購入方法

ボートレース場は住之江や浜名湖のような駅前の便利な所にある競艇場もあれば、唐津や徳山のようなちょっと駅からは離れてるよね…という競艇場もあります。

駅から離れている場合は無料バスが運行されていたりするので、それを利用しましょう。

入場料

ボートレース場に到着したら、大体は入り口が駅の改札っぽいコインゲートになっていて、ほとんどのボートレース場は入場料が100円となっている。

※場外チケットショップは基本的に無料で入れます。

入場したらまずは運動会のプログラムみたいな出走表が入口付近に置いてあるはずなので、それを1枚もらっておきましょう。

舟券購入

舟券の購入が初めてでも必ずジャンパーを着たスタッフの人や、警備員の人がそこらへんにうじゃうじゃいるので、わからない事は聞けば教えてくれます。

ただ、どの舟が勝ちますか?と聞かれても答えられないでしょうけど!

簡単に手順を説明すると…

  1. マークカードを塗る
  2. 券売機にお金を入れる
  3. マークカードを入れる
  4. 券とおつりを受け取る

これだけ!ボートレース場やチケットショップ内にはATMっぽい感じの見た目の券売機がズラリと並んでいるので、そこにマークカードと現金を入れるだけ!

マークカードの塗り方は初心者が一番最初に塗る時には戸惑いがちなので、締め切り時間には余裕を持った方が良いだろう。

マークカードの塗り方はこちらのページで解説されているから、前夜にでもしっかり読んで、頭の中でイメージトレーニングしておくと当日スムーズだぞ!

それから券売機の使い方についてはこちらのページが詳しく載っている。リンク先のページは平和島のページだが、基本的に全国共通なので大丈夫。

以下の動画も参考になる。

とにかく現地で困ったり、わからない事があれば、近くに必ずジャンパーを着たスタッフの人がウロチョロしてるんで、遠慮せず聞けば大丈夫!

舟券の種類

最初にも言ったように舟券とは1位2位3位(1着2着3着と呼ぶよ)の選手の番号を順番通り当てると賞金(配当)が貰える宝くじみたいな仕組みなんだけど、この順番通り当てるタイプの舟券の事を三連単と呼ぶ。

舟券には他にもいくつか種類があるけど…

名称 仕組み
1着2着3着を順番通り当てる
2連 1着2着を順番通り当てる
1着2着3着を順番を問わず当てる
2連 1着2着を順番を問わず当てる
拡大2連複 2艇選び、両方が3着以内に入れば当たり
複勝 1艇選び、それが2着以内に入れば当たり
単勝 1艇選び、それが1着になれば当たり

舟券は上記の表で上にあるものほど難易度が高く当たりづらい。その代わり当たった時に貰えるお金が多くなりやすい。

※当たったらいくら(賭け金が何倍)になるかはオッズを見ればわかる。オッズは場内モニターでチェックできる。オッズの見方はこちらのページで解説している。

単勝や複勝はとてもシンプルだけど、場外チケットショップではそもそも取り扱いそのものが無いし、レース場でも専用窓口じゃ無いと買えなかったりと、実質インターネット以外では買えないに等しい。

それに当たっても配当が120円(100円賭けて120円戻る=20円の儲け)みたいな事もざらにあって、拡大2連複はどこの窓口でも買えるけど、配当については結構単勝複勝と似たりよったりの状況。

なので実質3連単・3連複・2連単・2連複の4つがメインの選択肢と言えるだろう。ちなみに既存のボートレースファンの9割以上は3連単を購入している。

でも3連単はなかなか当たらない。多くの人は一度に10や20の組み合わせを買うから、1レースで数千円を使っている。

ビギナーの場合は1着2着を順番関係なく当てる2連複を1点か2点少額で買って、まずはボートレースに慣れる事、楽しむ事を優先した方が良いと思う。

それなら1レース数百円でも十分楽しめるからね!やっぱり当たらないとつまんないから。それではグッドラック!

舟券が絶対当たって、トリガミにもならず、絶対プラスになる方法があるって言ったら多くの人は笑いましたが、⇒このページを読ませてみたら彼らは…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする