競艇マーチンゲール法の解説

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

マーチンゲール法とは、要するに賭け金を上手に増やしたり減らしたりして舟券の回収率をプラスにしてしまおうという賭け方の事です。

参考:マーチンゲール法を競馬で実践【応用・アレンジ】

具体例

舟券は、外れた時に少額で、当たった時に大きな金額を賭けていれば勝てます。

それができれば苦労はない…と思いきや、舟券が外れる度に賭け金を増やして、当たった時にやめれば、結果的に外れた時には小さな金額を賭けて、当たった時には大きな金額を賭けている事になります。

例えば二連複でオッズ2.0倍の舟券で以下のような結果になったとします。

普通の買い方

回数 オッズ 賭け金 結果 払い戻し
1 2倍 100円 外れ 0円
2 2倍 100円 外れ 0円
3 2倍 100円 当たり 200円

当然、総額300円賭けて、払い戻しが200円なのですから収支は100円のマイナスになります。しかし、ここでマーチンゲール法を使って賭け金を工夫すると、同じレースで同じ勝敗であっても以下のような収支になります。

マーチンゲールの買い方

回数 オッズ 賭け金 結果 払い戻し
1 2倍 100円 外れ 0円
2 2倍 200円 外れ 0円
3 2倍 400円 当たり 800円

総額700円使って払い戻しが800円なので、100円プラスの収支に。

こういう当たった時にプラスになるよう金額調節するのがマーチンゲール法です。

無意識に皆やっている

上記のような理屈は知らなくても、競艇場に行くとついつい後半戦になると前半の負け分を取り返そうとして賭け金が増えちゃうのと同じ事。

多くの競艇ファンが知らず知らずにやっているんですね。

ちなみに上記の例ではオッズ2倍の舟券でお話しましたが、もっと他の倍率のバージョンを見てみたい人は、競艇追い上げ表【賭け金・成功率】が参考になるかも知れません。

さて、マーチンゲール法とは何か?がわかったところで早速実際のレースのデータを使って検証していきましょう。

実際に検証

では、早速実際のレースのデータを使ってマーチンゲール法を使って舟券を買うとどうなるか?を検証していきたいと思います。

検証したのは二連単。

別にどの舟券でも可能ではありますが、三連単だと買い目が増えてオッズの変動で資金配分するのが大変なので、シンプルに二連単の1点買いで検証。

レース 買い目 オッズ 賭け金 結果 払い戻し
1 1→3 3.1 100 外れ 0
2 3→1 3.2 100 外れ 0
3 1→5 3.8 100 外れ 0
4 1→4 3.6 200 外れ 0
5 4→1 6.9 100 外れ 0
6 1→2 4.1 200 外れ 0
7 1→5 2.9 500 的中 1450

上記のような結果になりました。普通は賭け金がどんどん増えていくのですが、5レースだけはオッズが6.9倍と大きいためあまり賭け金が必要なかったので少なくなっています。

表を見ればわかる通り、7レース消化して当たったのは2.9倍が1回だけなので、普通に100円ずつの均等買いをしていれば700円舟券を購入して290円の払い戻し。

本来回収率は41.4%にしかならないところ、マーチンゲール法を使ったので1300円使ってリターンが1450円となり、舟券回収率が111.5%にまで達しています。

マーチンゲール法を使うときには、当たった時点で過去の損失を回収できるように賭け金を設定する場合が多いので、通常は当たった時に勝ち逃げ撤退するのがセオリーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする