私の競艇必勝法はこちらで公開

競艇で1日1回も1-2が出ない確率

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇では最も出現しやすい出目は1-2である事は誰でも知っていますが、 では1日1回も1-2の目が来ないなんて事はあるんでしょうか? また、1-2と言っても2連単と2連復では若干話が違ってきますから、 それぞれ考えてみる事にしましょう。

まず最初に結論から言うと、2連単にしろ2連複にしろ舟券式別に関わらず1-2が1度も出ない日と言うのは結構頻繁にあります。 で、どれぐらいの頻度なのかと言うと、それは統計をとって「はい、これだけです」と言う事もできるのですが、 せっかくなので計算によって1-2の出目が出現する確率、そして1日1回も1-2が出ない確率を求めてみましょう。

計算の仕方は簡単で、1号艇と2号艇が各コースに進入する確率を、各コース1着率2着率に掛ければ良いだけです。 文章だとちょっと説明がわかりづらく感じるかも知れませんから、表にまとめてみました。 以下の表はボートレース桐生の最近3ヶ月の結果から作成した表です。

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース 合計
1枠進入率 96.5 2.6 0.3 0.0 0.1 0.3 100.0
コース1着率 44.5 18.0 14.7 15.0 6.2 2.7 100.0
1枠1着率 42.9 0.5 0.0 0.0 0.0 0.0 43.5

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース 合計
1枠進入率 96.5 2.6 0.3 0.0 0.1 0.3 100.0
コース2着率 19.8 22.3 20.3 19.4 12.5 6.7 100.0
1枠2着率 19.1 0.6 0.1 0.0 0.0 0.0 19.8

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース 合計
2枠進入率 2 90 5.3 1.2 0.7 0.4 100.0
コース1着率 44.5 18.0 14.7 15.0 6.2 2.7 100.0
2枠1着率 0.9 16.2 0.8 0.2 0.0 0.0 18.1

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース 合計
2枠進入率 2 90 5.3 1.2 0.7 0.4 100.0
コース2着率 19.8 22.3 20.3 19.4 12.5 6.7 100.0
2枠2着率 0.4 20.1 1.1 0.2 0.1 0.0 21.9

ますますわからなくなった人もいるかも知れませんが、安心してください。 要は「合計」の項目のところだけ見ていればOKです。

つまり1号艇が1着になる確率レース全体の43.5%であり、 100レース行えば43レースで1号艇が1着になると言う事で、さらにその内の21.9%が2号艇が2着に入ると言う事ですから、 計算式は、0.435*0.219=0.095となって、2連単の1→2で決まる確率は9.5%なのだと言う事がわかります。

つまりボートレース桐生の場合はおよそ1割のレースで1-2決着になり、 これを1日で換算すると1回か2回ぐらいだと言う事になります。

2連複の数値を知りたい場合には、これに2連単2→1で決まる確率を足してあげれば良いだけですから、 上記の表から1号艇が2着になるレースが全体の19.8%で、さらに2号艇が1着になる確率が全体の18.1%なので、 これを掛け算して、0.198*0.181=0.035となり、2連単の2→1で決まる確率は3.5%だと言う事がわかります。

ちなみに2連単は30通りあるので、買い目一点あたりの理論的な的中率は1/30=0.033で、 2連単2→1が実に「平均的な的中率」である事がわかります。

結論

では結論です。2連単の1-2が当たる確率は9.5%、2-1が当たる確率は3.5%、 2連複の1-2の当たる確率は9.5%+3.5%=で13%となりました。

13%の確率で起きる事象が12回連続で起きない確率は、 (1-0.13)^12=0.188で18.8%ですから、5日に1回ぐらいの割合で2連複の1-2が来ない日があると言う事ですね。

2連単や3連単の1着2着をあまり深く考えずに折り返しで買う人は多いと思いますが、 1-2と2-1では実に3倍の開きがありますから、そのへんをよく考えて折り返しを買うのが良いでしょうね。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

ツイッターもはじめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする