競艇1256ボックスとは【蛭子買い検証】

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇の1256ボックスは、ギャンブル好きで有名な漫画家の蛭子さんが、良く好んでする舟券の買い方で、4艇ボックスで買うので点数は24点買いになります。

蛭子買いとは

蛭子さんは三連単が無かった頃から多点買いで有名だったんですが、当時から買い目が多すぎる事を蛭子買いと呼んでいました。

蛭子さんはさらに235と245のボックスも買うので合計36点買うんだって!どう考えても買い目が多過ぎるとは思うのですが、蛭子さんなりの理由があり…、

点数を少なくしたがために当たりを逃したら、それこそ負けてしまうじゃないかと。舟券は当てることが大事。例え赤字であろうと儲けが少なかろうと、当てることが大事なのだ。それにより赤字になったって全く当たらない少数の舟券買いよりは減る金額は少なくて済むのだから。

– ガイドワークス公式HP 蛭子能収のうきうきギャンブラー人生より引用

要するに蛭子さんとしては例えば全レース空振りで回収率0%みたいな負け方が一番嫌って事なんでしょうかね。上記引用したコラムでは大村競艇場でこの買い方がハマって儲かったようなので、大村競艇場の実際のレースで的中率と回収率がどうなるかを見てみましょう。

検証してみた結果

今回調べたのはルーキーシリーズ第4戦・オール進入固定競走の初日。

レース結果の一覧がこちら、じゃじゃん!

Screenshot_from_2016-07-24 17:40:18

えーと、1レースが153なのでハズレですね、2レース目は当たりですが配当が安いので2370円という赤字になりました。3レースで…おおお!15万9030円の大マンシュー炸裂大的中!

その後は4930円の配当が1本当たっただけですが、合計43200円の舟券を買って戻りが16万円強なら回収率は400%近い大圧勝ですよ!恐るべし新蛭子買い!

調子に乗って続く2日目も検証してみましたが、空振りと強烈なトリガミの連続で丸で話になりませんね。やっぱり1レースに36点買いなんて、どう考えても買い過ぎですよ…。

どうせ、このままズルズルと回収率が減って行くパターンでしょ…と思った3日目…、

マンシュー2発が大当たり!!!

Screenshot_from_2016-07-24 17:49:16

この日の払い戻しも11万円超えと絶好調!

さすがにこんな美味い話がいつまでも続くわけがないとムキになって調べた本日4日目が…

Screenshot_from_2016-07-24 17:52:34

朝イチから3マンシュー的中して6Rで本日のプラス確定!まあこんな感じで今回の検証では新蛭子買いは大ハマリでしたね。

おそらく蛭子さん的には、この買い方がハマるパターンと、やめといた方が良いパターンなんかもあるでしょうから、何でもかんでもこの買い方で勝てるとは思いませんが、結構高配当を漏らさず掴む事が出来て面白い買い方です。

実はこれ、本当はもうちょっと効率化したらもっと面白い舟券術になるんですよねー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする