競艇 当てやすいレース

競艇必勝法ふなばん.comの川田です。※新企画・AI競艇予想ふなばんもよろしく!

競艇には当てやすいレースと、当てづらいレースがあります。大雑把に以下の表にまとめてみたので、参考にしてみて!

項目 当てやすい 当てづらい
競艇場 大村芦屋下関 戸田江戸川平和島
水面 貯水 海川
1号艇 A1勝率7点後半以上 勝率点数が低い選手
レース 準優・優勝戦 一般戦
イン屋 いない いる

この表だけでは説明不足やと思うから、順番に解説していく。

当てやすい競艇場

競艇場は大雑把に分けると、関東の競艇場はインが弱く、九州・西日本の競艇場はインが強い。大村・芦屋・徳山なんかは番組編成もインを強くする構成が多い。

戸田・江戸川・平和島なんかはインが弱く、波乱が多い。まあ逆に言うと的中率は下がったとしても高配当が当たりやすいのはこれら関東の競艇場って事にもなる。

多摩川は日本一の静水面と謳っているが、インの強さはそこだけでは決まらないから、イン勝率は大体全国平均レベルになってる。

当てやすい水面

基本的に競艇は水面が凪(なぎ=穏やかな状態)であればあるほど、選手はボートの操作が正確にできる。波や風や水の流れがあるとボートが想定外の動きをしやすい。

海水を使用した競艇場の場合、潮の満ち干きによる潮の流れや波が発生するので、工業用水を貯水した淡水プールなどと比べると思わぬアクシデントが発生しやすい。

生涯獲得賞金最高額記録保持者の松井繁選手ですら、淡水の競艇場よりも海水の競艇場の方が勝率の数値が10%以上低下するデータがハッキリ出てる。

1号艇選手の強さ

当てやすさには1号艇選手の信頼度はかなり重要で、いくら競艇が1コース有利と言っても、B級のよくわからない選手の場合、勝手にターンで膨らんで勝手に負ける。

別にアウトコースの選手が邪魔したわけでもプレッシャーをかけたわけでも無いのに、勝手に負ける。A1の選手でも当地成績が微妙だったり、勝率6点台とかだと信頼度は低い。

当てやすいレース

当てやすいレースの代表格は準優勝戦・優勝戦やね。選手の腕が良い、調子が良い、モーターが良い…など何かしら強みがなければ準優・優勝戦には出られない。

そして、好調だった選手ほど内枠の舟番号で乗れる。

1コース勝率が50%台くらいの競艇場でも、優勝戦に限定すると1コース勝率は7割8割に達して、かなりの信頼度になる。

関連:競艇 優勝戦 買い方と予想に役立つ傾向【ボートレース】
関連:競艇優勝戦の出目傾向
関連:競艇準優勝戦の出目傾向

一方で一般シリーズの一般戦とかになると、優勝争いにも参加できてない、プロ野球で言うところの消化試合みたいな感じになって、選手は明らかにやる気が無い事が多い。

選手の腕が無い、調子が悪い、モーターが悪い…そういう状態だから予選落ちしてるわけで、そうなると事故怪我なく3周まわって完走手当もらえりゃオッケーという感じ。

レース見てても「なんでやねん!」と言いたくなる酷いレースも多く、それを競艇ファンが予想するのはかなり難しいやろね。

シード番組は注意!

シード番組とは有利な1号艇にA級選手を配して、2号艇以下にはその選手より格下の選手を配置するような番組の事です。

つまり主催者がわざと不公平な番組を作っているという事ですね。

一見すると当てやすそうに見えるんやけど、さっきも言ったようにA2とかA1底辺の選手が1号艇になる事が多く、勝手に自滅パターンもわりとある。

それから2号艇(≒2コース)以下の選手がどんぐりの背比べすぎて、1号艇が人気集中する代わりに、相手候補を絞るのが難しい。

シード番組は意外と注意が必要なレースやと思う。

イン屋

当てやすさとは不確定要素の少なさと言えるから、いわゆるイン屋と呼ばれる選手や、積極的に前付けをする選手がいるレースは当てづらい。

関連:イン屋とは
関連:江口晃生の特徴・三連単回収率

イン屋の選手がインコースに入ろうとして、すんなり譲ってもらえる時もあれば、相打ち覚悟で抵抗される場合もあるし…

スタート展示では前付けに行きそうな素振りを見せておいて、信じて舟券を買ったら本番はインに入れず6コース…みたいな事もある。

もちろん、そういうレースを読むのが楽しい、スキ、得意って人は買えば良いと思うけど、予想に自信が無い人は、そういう選手がいるってだけで避けた方が良いかも。

舟券が絶対当たって、トリガミにもならず、絶対プラスになる方法があるって言ったら多くの人は笑いましたが、⇒このページを読ませてみたら彼らは…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする