私の競艇必勝法はこちらで公開

競艇 三連単 全通り買うと何通りで回収率は何パーセントになるのか?

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇の舟券で三連単を全通り購入すると、6*5*4=120で120通りの組み合わせになります。では、全レース三連単を全通り買った場合、舟券の回収率は何パーセントになるのか?これを過去の実際のレースのデータで検証してみたいと思います。

3連単全通り買いを12場144レースで検証してみた。

3月20日に行われた12場144レースを対象に3連単を全通り買っていたらどうなったか?を集計してみたところ、払戻金の総額は129万600円となり、舟券購入に必要なコストが172万8000円必要ですから、舟券の回収率は74.7%にしかなりませんでした。

この検証結果を見てもわかる通り、舟券は舟券の総売上から25%を主催者がピンハネしているので、舟券回収率は75%になると思われていますが、それに近い数値になっています。後で詳しく書きますが、ただこれは結構全通り買いの結果としてはマシな方なんですよね。

全通り買えばハズレはありませんが、12000円分の舟券を買って結果が1番人気の組み合わせで三連単600円とかだったら、一気に賭け金の95%を失うわけで、それって舟券が当たったと言うよりは、性質としては11400円分の舟券が外れたと言った方が近いです。

単純に考えて毎レース120通りの組み合わせを買うわけですから、毎レース1万2000円以上のマンシュウ決着にならないと黒字になるわけがありません が、マンシュウなんて1日に3本前後ですし、1日1回もマンシュウが出ない事もあります。(※マンシュウ=配当金額が1万円以上の舟券)

今回の集計ではボートレース唐津で発生した18万舟券(114番人気)があり、このような特大の万舟券を的中させる可能性もありますが、やはり基本的には続ければ続けるほどジリ貧になってしまうのが三連単全通り買いの本質のようです。

念の為、この前日の3月19日のデータでも検証してみましたが、全11場132レース(158万4000円)で払い戻し総額94万4790円なので回収率 59%という結果になりました。おそらく3月20日のデータでは唐津での18万舟券が大きく影響していて、回収率59%の方が本来の全通り買いの結果だと 思います。

その前日の3月18日のデータでも検証してみましたが、全10場122レースで必要コストが144万円で回収76万円の回収率52.8%でした。やはり全通り買いすると回収率はかなり低くなってしまう事がわかりますね。

合計400レース近いレース数で検証してマイナス180万円の結果ですから、これ以上集計したところで回収率が100%を超える可能性はちょっと見出せません。

競艇の三連単では過去最高配当でも60万とか50万とかのレベルですから、180万円分の損失を穴埋めするにはそんな舟券がドカドカ出現してくれないとダメなんですが、そんな高配当はドカドカ出現しませんからね。

やはりピンポイントで当たり舟券を狙い撃ちできないとダメ

三連単を全通り買って儲かるほど荒れ続けるのなら、本命など誰も買わないわけで、やはり殆どのレースはとんでもないアクシデント的な事が起きない限りは概ね「まぁその可能性はあるよなー」と思える決着に収まりますよ。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

ツイッターもはじめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする