平和島競艇特徴 攻略 傾向【ボートレース】

競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

平和島競艇場の特徴について解説していきます!

水面特徴

ホーム側・第1ターンマーク付近の幅員が37mともっとも狭い。37mは平和島・戸田・江戸川の3場だけでいずれも1コース勝率は他場と比べて低い。

平和島競艇は海水を利用しているため、潮の干満がレースに影響します。

競艇の満潮干潮・潮の影響でも言ったように、満潮が近いと逃げが決まりやすく、干潮に近いと逃げ以外の決まり手の決まる確率が上ります。

ちなみに潮の満ち引きは6時間ごとに入れ替わりますから、1日の中でも前半レースと後半レースでは傾向が違ってきます。

参考:潮位表 東京(気象庁)

1コースの強さ

平和島競艇場の1コース勝率は、全国平均と比べるとかなり悪いですね。

1号艇のA級率は55%と他場と比べてやや低めですが、ほぼ同じくらいの浜名湖と比べてもA2よりA1の方が比率が高いにも関わらず1号艇勝率が悪いので、かなりイン逃げ成功率が低い競艇場だと言えそうです。

平和島 A1 A2 B1 B2 A級率
1 743 515 991 55 55%
2 652 528 1062 62 51%
3 619 561 1061 63 51%
4 594 486 1094 130 47%
5 618 498 999 189 48%
6 625 482 949 248 48%
合計 3851 3070 6156 747 50%

コース別入着率

コース 1着率 2着率 3着率
46.1% 19.6% 10.6%
16.6% 24.2% 17.0%
14.7% 18.5% 19.7%
12.1% 17.9% 19.2%
8.6% 13.3% 17.5%
3.2% 7.8% 17.4%

超抜機モーター

平和島競艇場のモーターは毎年6月に入れ替えとなります。

平和島モーターランキング

平和島競艇は荒れるのか?

平和島競艇場の万舟券発生率は全国平均よりも少し高く、どちらかと言うと波乱のレースが多いと言えます。

私が舟券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする