私の競艇必勝法はこちらで公開

競艇 進入固定とは【ボートレース 進入固定】

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇(ボートレース)には進入固定という競走があります。これは各選手が艇番(枠番)と同じコースに進入しなければならないレースの事です。

つまり、1号艇は必ず最内の1コースに入るし、2号艇は2コース、3号艇は3コース、4号艇は4コース、5号艇は5コース、6号艇は6コースに入るという事です。

ちなみに、たまたま枠番と各艇の進入コースが一致しただけの場合は「枠なり進入」と言って、これは進入固定ではなくたんなる偶然という事になります。

自分が競艇初心者だったころを思い返してみると、確かにこの進入というのは初心者にとって難しいんですよね。ピットから勢い良く出艇したのに、第2マークのあたりでプカプカのろのろとやっていて、一体何をしているのか…と。

そうかと思えば6号艇がいきなり3コースとかに割り込んで来たりして、一体どういう基準であの選手たちは進入コースを決めているのか…と大いに困惑したものです。

競艇主催者の中の人も、そういう初心者の声に気付き、ならばという事で始まったのが進入固定競走なんですね。進入固定ならどの選手がどのコースに入るかはもう決まっているので、初心者でも予想がしやすいというメリットがあります。

ただ、ベテランの競艇ファンからすると、この進入争いこそが選手間の心理戦だったり駆け引きが楽しめる「面白み」の部分でもあるので、ディープなファンからは進入固定競走はあまり歓迎されませんでした。

また通常の競走では1号艇はインコースを他艇に取られないように早く1コースに進入するため、その分スタートラインに近付き過ぎてしまう「深イン」というデメリットがありました。

深インになるとスタートまでの助走距離が短すぎてスピードがスタートを切った時に最高速に達していなくて、他艇にまくられるリスクが大きくなります。

しかし、進入固定の場合は他艇に1コースを取られる心配が無いのでスタートへの助走距離をたっぷり確保できるようになります。

そうなると1号艇が有利になりすぎて舟券的に面白みが欠けてしまうので、そこで競艇場ごとにインから3艇は助走距離を短くしなければならないと規定していたりもします。

進入固定競走なのに1号艇があまり助走距離をとっていないレースがあったら、それはそういう事情によるものだと理解すれば良いですね。

ちなみに江戸川競艇場ではやたら枠なり進入が多いですが、これは進入固定と決められているのではなく、ピットの位置と鉄柱の位置の関係で選手が安全に配慮した結果自然と枠なり進入が多いだけです。

くわしくはボートレース江戸川競艇場のコース特徴 有利不利 攻略法に書いたので、興味があったら読んでみてください。

また、進入固定競走は舟券的にどんな傾向や特徴があるのか?インの有利な大村競艇場の進入固定競走にスポットを当てて分析した大村競艇めざまし戦 朝ガチ昼ガチ進入固定について調べてみたも舟券予想の参考になると思います。

もし進入固定ではない通常の自由進入のレースについて進入予想の基本を知りたい場合は進入予想の方法を競艇初心者に教えるよを参考にしてみてください。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

ツイッターもはじめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする