私の競艇必勝法はこちらで公開

競艇展開予想の方法 基礎の考え方とセオリー

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

ボートレース初心者が競艇の舟券予想をする際に、結構頭を悩ませるのは展開予想では無いでしょうか?ベテランの舟券師になると「おそらくあの選手はこう動く」みたいなイメージが頭の中で浮かんでいるケースも多いですが、経験の浅いビギナーではなかなかそうは行きませんよね。

1コース艇はスタートが他コース艇より遅いか早いかが重要

まず、1コース艇は大抵の場合1号艇が進入する場合が多いです。競艇ではインコースが圧倒的にアドバンテージがありますから、デビューして間もない新人選手などは先輩に譲りますが、そうで無い場合は普通は1号艇なら1コースを主張するはずです。

1コースに入った選手は、自分よりも外のコースに入った5艇よりも早いスタートを切れるかどうかがかなり重要な勝負ポイントになります。半艇身ぐらいの遅れであればターンで穴埋めが出来ますが、1艇身以上の遅れになると外側の選手がインに切れ込んで来てブロックされてしまいます。

2コース艇は通常差ししか手が無い

2コースは2号艇が枠なりに進入する事が多いですが、外枠の選手が1コースを取りに動いたものの、1号艇に1コースを主張されたために2コースで妥協するケースも時々見受けられます。

2コースの選手は自分よりも外のコースの選手を意識しなければなりませんが、まずは左隣を走る1コース艇を捌かない事には自分の勝利がありません。1コース艇を追い抜こうと思ったらターンマークで1コース艇の外側を高速で旋回するか、1コース艇がターンするのを待って懐を差すかの2つしかありません。

しかし、2コース艇が1コース艇の外側を旋回して先頭に踊り出ようと思ったら、相当なスピードで1マークを旋回する事になります。それにそうなると3コース4コースあたりの選手ががら空きになった1コース艇の内側を狙ってくるわけですね。

なので現実的には2コース艇は1コース艇のインを突く「差し」が殆どになります。

どういう状況かと言うと、ターン手前で減速して1コース艇の通過を待ちつつ、旋回態勢を整えます。3コース艇4コース艇にしてみれば2コース艇が差しだとわかると、2コース艇のインを突くにはスペースが先ほどのケースよりも小さくて狙いづらくなります。

1コース艇の懐に潜り込んで1コース艇よりも速く加速出来れば…

という事はエンジンの加速が1コース艇と比べて物足りない場合、2コース艇が1着を得るには1コース艇がミスをしてくれないと難しいって事です。

4カド艇は差し・マクリ・マクリ差し

4コース艇あたりになるとインコースの他艇の隙間を縫うように差すか、イン艇たちの大外をぶん回してマクリを決めるか、3コース艇の外をまわっておいて2コース艇や1コース艇のインを突くマクリ差しの3パターンが多くなります。

4コース艇は通常カドと呼ばれる「ダッシュスタート勢の中では一番内側のコース」になる事が多いのですが、ダッシュスタートで加速距離があるためスタートした時点ではインの艇よりもスピードが乗っている場合が多く、これを生かしてマクリやマクリ差しに持ち込むのが王道パターンです。

6コースはスタート決めてマクリが出来れば…

6コース艇は本来最も不利なのですが、例えば4コース艇や5コース艇がスタートを決めて内に切れ込んでイン艇を潰してくれるような展開になった場合には、自分だけは悪い影響を受けないので上位に浮上しやすいというメリットもあります。

その究極型が自分でスタートを決めて、自分で内に切れ込んでイン艇を全滅させるマクリです。有名なところでは阿波勝哉選手などが多様してきた方法です。言葉で説明するよりも実際にどういう作戦か動画を見てもらった方が早いですね。

セットになりやすいコースがある

競艇ではどこの競艇場であっても統計的に最も多く決まる組合せは1-2です。つまり大抵の場合1コース艇と2コース艇が該当するでしょう。

なので2コース艇はかなり有利なように思えてしまいますが、実際には2コースから4コースくらいまでは勝率や連対率が結構近い数値になっている競艇場が多いんです。

例えば3コースがスタートを決めてイン艇を沈めた場合、

1コース艇2コース艇もろとも失速するので3コースよりも外のコースに進入した艇の方が舟券圏内に飛び込んで来やすいわけです。

このような場合、3コース艇がスタート決めて勝つだろうと予想したのであれば、2連単の2着には統計上優位な1コース艇2コース艇を配するよりは、3コースのマクリと相性の良い4コースから6コース艇を絡めた組合せの舟券を買うのがセオリーだという事です。

どの選手がどのコースから、どんな勝ち方をするのか?を読み取っていけば、それとワンセットになりやすい2着候補が浮かび上がってくるという事ですね。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする