競艇均等買いとは【ベタ買い】

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇の舟券の買い方で【均等買い】とは、全ての買い目(組み合わせ)を同一金額で買う事を指します。同じ意味では【ベタ買い】と呼ぶ人もいます。

均等買いにはもう1つ意味があって、例えば1点あたり100円買う人が、次のレースも、その次のレースも、ずっと継続して1点あたり100円で買い続けるような場合も【均等買い】と言います。

逆に、さっきのレースは1点あたり100円で買ったけど、次のレースは500円にしてみよう、その次のレースは1万円にしよう…という感じで、賭け金を増減させる事は【コマの上げ下げ】と呼ばれます。

均等買いデメリット

均等買いは、とにかく全部を同じ金額で買うため、賭け金を細かく計算してマークカードを塗ったりしなくても良い【ラクチン】というメリットがあります。

均等買いのデメリットは、全ての組み合わせが同じ金額なので、舟券を買った時の組み合わせ数が多い時に、当たったのにお金が増えないケースがあります。

取って損・トリガミ

例えば100円で10点買いすると、支出は1000円になりますが、舟券が当たって配当が990円だったりすると、差額の10円を損した事になります。

この舟券が当たっているにも関わらず収支がマイナスになる事を【取って損】とか【トリガミ】と呼んだりします。

例えば以下のようなオッズで1吉川選手から他の選手全員の組み合わせを100円ずつ買った場合、トータルで賭け金は500円になります。

トリガミ解説オッズ表

すると、2 3 4の選手が相手に来た場合は、配当金が500円を下回るので収支は【取って損】になります。

賭け金のバランスをとる

たとえば以下のようなオッズの場合…

資金配分の例1

12 400円

13 700円

14 400円

15 100円

16 100円

1点1点払い戻し金額を計算して、マークカードも1点1点個別で塗らなければなりませんが、どれが当たった時でも約2000円の払い戻しになって【取って損】になりません。

【参考】

以下の2つは競馬の事例のサイトですが、考え方は同じです。

賭け金の増減だけでプラス収支にする方法

競艇を始めたころは100円で数点買っていても楽しいものですが、回数を重ねて行くと、少し欲が出て、どうにか儲ける方法はないかな?なんて考えに至ります。

そこで、結構多くの人がマーチンゲールと呼ばれる追い上げ競艇投資法なんかを見様見真似でやり始めたりします。

例えば2連複や2連単の1番人気などを買い、外れるごとに、100円、200円、400円、800円…と言う感じで賭け金を倍々に増やしていく方法です。

すると、結果的に外れた時は賭け金を小さく、当たった時に賭け金を大きくしている事になり、舟券があまり当たらなくてもプラス収支にする事ができます。

私が実際にやってみた記事があります。

競艇 追い上げ 2連複で試した結果…

でもこの方法は外れが続くとお金が足りなくなり、帳尻合わせするための賭け金が無くなってしまうので、長期間勝ち続けるための作戦としてはNGですね。

私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。→今すぐクリックして秘密のテキストを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする