私の競艇必勝法はこちらで公開

舟券の売上比率 どの券種がどれくらい売れているのか

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇ボートレースの舟券は言うまでもなく3連単が主流なんですが、他にも単勝・複勝・拡大2連複(ワイド)・2連複・2連単・3連複の合計7種類の舟券があります。

どの券種がどれくらいの比率で売れているのか?ちょっと調べてみました。

オッズモニターを見て各券種の売上票数を足して調べてみたところ以下のようになりました。

拡連複 0.3%
3連複 3.0%
2連単 4.0%
2連複 1.0%
3連単 92.0%

今回は単勝と複勝は票数が分からない方法で調べたので、連勝式舟券だけの比率ですが、単勝・複勝は拡連複の0.3%にも満たないと思いますね。

やはり3連単が圧倒的なシェアです。

たとえば上記のレースの場合なら、2連単は大体200万円ってところでしょうかね?そして2連単の結果が配当520円という事は、29万円ぐらいがこの1-4の目に投票されたと推測できます。

という事は1万円賭けていたとしてもオッズがそれでガラリと変わるというほどではないでしょうね。これが2連複だと少しオッズが下がる可能性があります。

しかし3連単ならこの1-4-5の目だけで180万円ぐらいの売上があるので、当然1万円そこに賭けてもオッズは変わらないでしょう。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

ツイッターもはじめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする