競艇出走表のボート複勝率って意味あるの?

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇(ボートレース)では各選手の使用するモーターは抽選で決まりますが、使用するボートもまた抽選で決まります。モーターもボートも同一規格で作られた物ですが、若干の当たり外れがあるため複勝率にバラつきが出ます。

ただ、モーターは当たり外れによって加速が悪いとか、最高速が伸びないとか、競争結果に影響を及ぼしそうですが、ボートはそこまで違いが発生するものなのか?と思ってしまいがちです。

実際に出走表でボート複勝率の数値を見てみると、数値の良い物と悪い物の差はモーターほどではないものの、20%台や40%台ぐらいの違いはちらほら見かけます。(ちなみに全ボートの平均複勝率は33.3%です)

モーターだと19%とか50%オーバーなどの差があったりしますからね。

ただ、強い選手に使われたボート、当たりモーターとペアになったボートは、節間を通して数値は上がり続けるし、反対に下手くそな選手がハズレモーターで乗れば節間を通して数値は下がり続けます。

なのでボート複勝率が、イコールボートの良し悪しを表しているとは言い切れない面もありますよね。

それにその複勝率の集計期間についても出走表には書いていないのが普通で、当然の事ながら期間が短いとそれだけ複勝率の上限と下限の数値は大きな隔たりが出やすいです。

ただ、競艇選手いわくボートにもやはり良し悪しの差は存在するようです。それからボートの破損などによって節の途中でボートを取り替えた場合なんかは、ボートが水を吸っていない分、重量が軽くなるという事もよく言われています。

とはいうものの、1コースで低複勝率のボートの選手と、6コースで高複勝率のボートの選手と、どちらが舟券に絡む確率が高いかと言えば、やはり言うまでもなく1コースの選手です。つまり、舟券の予想ファクターの重要性の大きさとしては【進入コース】【ボート複勝率】だと言えますね。

個人的な考えを言えば、ボート複勝率についてはあまり神経質になる必要は無いと思います。

例えば極端にボート複勝率が低い選手がいた時に、ネットで過去の出走表などで使用者を調べてみてハズレモーターや下級選手に多く使用されていたわけじゃ無いのに数値が低いなら、ちょっと敬遠してみようかなというレベルの話ですね。

少なくとも自分が「これだ!」と思った本命選手(軸という意味)をボート複勝率の低さを理由に切る…なんて事はしない方が良いと思います。さっきも言ったように舟券の予想ファクターの中ではボート複勝率は重要度がそれほど高くありませんからね。

では、一体一番何を重要視すれば舟券が当たり、勝てるのでしょうか?

めざせ!舟券で安定収入!

まるで毎日が給料日!年間回収率142%の男が、親兄弟にすら教えなかった競艇の勝つ極意とは?→今すぐ答えを知る

※削除される前に急いで読んでください!

私からのプレゼントです!

累計3600名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

  • 誰にでもできる舟券成績が倍になってしまったある工夫とは?
  • 予想会社も真っ青、すまん!全部もう言っちゃうわ!
  • 本命狙いと高配当狙い、どちらが良いのか?
  • ずるい!配当金を独占する方法とは?
  • なんか良い競艇予想アプリ知らない?実はここだけの話…
  • 競艇の勝ち組が教える舟券の考え方とは?

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。7秒後にあなたのメールアドレスにお届けします!(あれ?届かない…という場合は迷惑メールフォルダを見てみてね!)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。よくあるログインしてどうたら…とか、何かと屁理屈をこねて登録解除を渋る事は一切ありません!メールがいらないと思ったら好きな時にすぐに解除できます。

最新の秘密情報も発信するのでツイッターフォローもよろしく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする