桐生競艇・出目ランキング(回収率)

ふなばんドットコムの川田です。

桐生競艇(ボートレース桐生)の出目を回収率でランキングにしました。

桐生3連単・出目ランキング(回収率)

順位 出目 割合 平均配当 回収率
1 5 – 2 – 1 0.5 31788 158.9
2 4 – 6 – 5 0.7 22477 157.3
3 5 – 6 – 3 0.2 74788 149.6
4 5 – 6 – 4 0.4 36521 146.1
5 4 – 2 – 6 0.5 27307 136.5
6 5 – 3 – 6 0.3 42513 127.5
7 6 – 5 – 3 0.1 121360 121.4
8 3 – 6 – 4 0.4 29664 118.7
9 3 – 5 – 4 0.5 21883 109.4
10 4 – 6 – 3 0.3 36403 109.2
順位 出目 的中率 平均配当 回収率
11 5 – 1 – 6 0.4 26619 106.5
12 4 – 3 – 5 0.4 25565 102.3
13 3 – 1 – 2 1.7 5990 101.8
14 5 – 1 – 2 0.9 11077 99.7
15 3 – 2 – 4 1.0 9535 95.4
16 3 – 1 – 6 0.9 10440 94.0
17 2 – 6 – 3 0.4 23221 92.9
18 1 – 6 – 2 1.1 8401 92.4
19 1 – 3 – 2 5.9 1554 91.7
20 5 – 2 – 3 0.2 45733 91.5
順位 出目 的中率 平均配当 回収率
21 3 – 1 – 4 1.4 6527 91.4
22 3 – 1 – 5 1.2 7597 91.2
23 6 – 4 – 2 0.4 22512 90.0
24 1 – 2 – 6 2.9 3103 90.0
25 6 – 4 – 3 0.1 87560 87.6
26 6 – 1 – 2 0.5 17395 87.0
27 1 – 2 – 3 7.0 1232 86.2
28 1 – 5 – 3 2.3 3636 83.6
29 1 – 2 – 5 3.9 2136 83.3
30 6 – 5 – 2 0.2 40448 80.9
順位 出目 的中率 平均配当 回収率
31 1 – 2 – 4 5.0 1612 80.6
32 6 – 3 – 2 0.1 80513 80.5
33 3 – 2 – 6 0.4 19656 78.6
34 2 – 3 – 6 0.7 10993 77.0
35 2 – 1 – 4 2.1 3620 76.0
36 2 – 4 – 1 0.6 12645 75.9
37 3 – 5 – 2 0.4 18732 74.9
38 6 – 1 – 4 0.3 24761 74.3
39 1 – 3 – 4 4.2 1764 74.1
40 1 – 6 – 5 0.6 11879 71.3
順位 出目 的中率 平均配当 回収率
41 2 – 1 – 5 1.4 5041 70.6
42 3 – 4 – 2 0.3 23346 70.0
43 5 – 4 – 1 0.4 17279 69.1
44 2 – 3 – 1 1.0 6637 66.4
45 2 – 4 – 3 0.7 9452 66.2
46 4 – 2 – 1 0.7 9441 66.1
47 1 – 3 – 5 3.6 1828 65.8
48 4 – 5 – 1 0.7 9399 65.8
49 4 – 6 – 2 0.4 16438 65.8
50 2 – 5 – 1 0.6 10825 65.0
51 1 – 3 – 6 2.6 2496 64.9
52 3 – 5 – 1 0.5 12943 64.7
53 3 – 4 – 1 0.7 9195 64.4
54 1 – 4 – 6 1.3 4865 63.2
55 2 – 5 – 6 0.4 15408 61.6
56 1 – 4 – 2 2.7 2244 60.6
57 2 – 6 – 4 0.3 20101 60.3
58 2 – 3 – 4 1.0 5987 59.9
59 2 – 3 – 5 0.5 11795 59.0
60 1 – 4 – 5 1.8 3276 59.0
61 1 – 6 – 4 0.7 8379 58.7
62 5 – 6 – 1 0.3 19368 58.1
63 1 – 4 – 3 2.7 2118 57.2
64 1 – 5 – 2 2.0 2840 56.8
65 4 – 3 – 6 0.3 18791 56.4
66 2 – 1 – 3 1.8 3127 56.3
67 6 – 5 – 4 0.1 55113 55.1
68 4 – 6 – 1 0.5 10905 54.5
69 5 – 4 – 6 0.3 18093 54.3
70 1 – 5 – 6 1.1 4831 53.1
71 1 – 5 – 4 1.5 3457 51.9
72 3 – 4 – 5 0.5 10289 51.4
73 6 – 2 – 1 0.5 10233 51.2
74 2 – 6 – 1 0.3 17021 51.1
75 4 – 1 – 3 0.6 8492 51.0
76 6 – 1 – 3 0.1 50215 50.2
77 4 – 5 – 3 0.3 16690 50.1
78 5 – 1 – 3 0.6 8304 49.8
79 5 – 1 – 4 0.5 9805 49.0
80 3 – 2 – 5 0.7 6959 48.7
81 3 – 6 – 2 0.2 24322 48.6
82 3 – 2 – 1 0.7 6911 48.4
83 2 – 5 – 4 0.3 15529 46.6
84 3 – 4 – 6 0.6 7744 46.5
85 2 – 1 – 6 0.6 7733 46.4
86 4 – 1 – 5 0.9 5120 46.1
87 3 – 6 – 1 0.5 8585 42.9
88 4 – 1 – 2 0.7 6018 42.1
89 6 – 4 – 1 0.2 20395 40.8
90 1 – 6 – 3 0.6 6487 38.9
91 4 – 1 – 6 0.5 7618 38.1
92 2 – 5 – 3 0.4 9472 37.9
93 4 – 3 – 1 0.3 12238 36.7
94 4 – 5 – 6 0.4 9104 36.4
95 2 – 4 – 5 0.4 8343 33.4
96 5 – 2 – 4 0.2 16336 32.7
97 4 – 5 – 2 0.4 8146 32.6
98 4 – 2 – 3 0.4 7902 31.6
99 5 – 6 – 2 0.2 13960 27.9
100 4 – 3 – 2 0.3 9269 27.8
101 6 – 2 – 4 0.2 13593 27.2
102 3 – 5 – 6 0.3 8754 26.3
103 3 – 6 – 5 0.1 22210 22.2
104 6 – 2 – 5 0.3 7202 21.6
105 6 – 3 – 5 0.1 21303 21.3
106 6 – 2 – 3 0.1 20747 20.7
107 5 – 3 – 1 0.3 6891 20.7
108 6 – 4 – 5 0.1 19790 19.8
109 5 – 4 – 3 0.1 19197 19.2
110 4 – 2 – 5 0.3 5043 15.1
111 2 – 4 – 6 0.3 4455 13.4
112 6 – 3 – 4 0.1 13095 13.1
113 6 – 1 – 5 0.1 9560 9.6
114 5 – 4 – 2 0.1 7715 7.7
115 6 – 3 – 1 0.1 6955 7.0
116 5 – 3 – 2 0.1 6003 6.0
117 5 – 3 – 4 0.1 4620 4.6
118 2 – 6 – 5 0.1 3410 3.4
119 5 – 2 – 6 0.0 17630 0.0
120 6 – 5 – 1 0.0 0 0.0

ボートレース桐生の所在地は群馬県みどり市で、北関東唯一の競艇場であり、実は東北・北海道から最も近い競艇場となっている。

SG以外の定期的に開催されるレースでは、周年記念である赤城雷神杯がありA1選手の豪華メンバーで行われる。名物グルメは「鶏もも」で胡椒が効いて美味い。

6〜8レースはドラドキと言って、有利な1号艇に強いA級選手が配置された、当てやすさを狙いにした企画レースが組まれている。

それでは以下で水面特徴やクセ・出目傾向・無料AI予想など、舟券攻略やボートを楽しむために役立つ知識を紹介していく!

水面特徴

桐生競艇場は阿佐美沼と水を共有している競艇場で、水質は淡水。標高が高く、気温が低く、冬場は風が強いのが特徴の競艇場となっている。

桐生競艇場・水面図

桐生競艇場の競走水面は阿佐美沼の水を利用しており、上記の水面図で言うと黄色の矢印で示したあたりから水が出入りするため、水量が増えた時には1マーク付近には流れが発生する可能性があるが、常に流れがあるわけでは無いし、あっても強い流れではないだろう。

標高

群馬県と言う地理的な条件に加えてナイター開催と言う事もあり、日本で最も気温の低い競艇場で、標高も日本で一番高い海抜127mの位置にあり、若干エンジンの出力が弱まります。

競艇サイトの中には、標高が高いので云々という解説をしている所もありますが、標高127mでは気圧の変化は12hPa程度であり、 これは海面と1%ほどしか違いが無いので、極端な違いではありません。

後述する季節的な要因の方が影響力は大きい。

夏と冬にインが弱くなる理由

桐生では夏・冬になると、春・秋と比べてもイン逃げの成功率が下がっている。その原因を探っていこう。以下は桐生の降水量と気温をまとめたグラフだが…

桐生競艇場・降水量グラフ

雨が夏場に集中しているのがわかる。

次に気温の変化を見てみよう。

桐生競艇場・気温変化のグラフ

夏は高温多湿でエンジンの出力が弱まり、雨で増水する事により競走水面への入排水が促されて水の流れが発生し、結果的にイン逃げの成功率が落ちます。

気温20度の時と0度の時とでは、 気圧の変化は実に7%ほども変動するため、標高の高さよりも気温によるエンジンの出力への影響が強く、 寒い時は他の競艇場よりもエンジンの出力は高いです。

空気は冷やされると体積が減り、空気の濃度が高くなるので、 エンジンが取り込む空気の量が相対的に増えているから、助走距離の短いイン艇にとっては気温が低い方がメリットが大きいと言えます。

で、あるにも関わらず冬場にイン逃げの成功率が落ちる理由は、赤城おろしと呼ばれる強烈な風が原因で、時には平均風速15mに達する。これは台風の時に天気予報で強風域に円が描かれるが、それと同レベルと言う強烈な風である。

しかも桐生競艇場には防風林や防風壁は設置されておらず、その風の影響を受けて水面に波が立ち、その結果イン逃げの成功率が落ちている。

コース別成績(総合)

コース 得点 1着率 2着内 3着内 F L 平均ST
1 7.84 54.3 71.6 80.7 8 0 0.16
2 5.60 13.6 39.8 58.5 6 0 0.17
3 5.33 13.1 35.4 55.2 10 0 0.16
4 4.90 10.9 26.7 46.9 11 0 0.17
5 4.27 6.1 18.9 38.1 15 0 0.16
6 3.07 2.0 7.9 21.5 13 1 0.18

1コースの強さ

桐生競艇場の1コース勝率は、全国平均よりも少しだけ悪いですね。

1号艇のA級率は他場と比べて極端に高くも低くもありませんが、少しA1選手の比率の方が高くなっていて、さらに外枠のA級率が低いことから、本来ならもっとイン逃げが決まって良さそうなんですけどね。

桐生 A1 A2 B1 B2 A級率
1 716 643 821 64 61%
2 567 578 1015 84 51%
3 517 580 1053 94 49%
4 491 599 1018 136 49%
5 476 587 1022 159 47%
6 455 489 1029 271 42%
合計 3222 3476 5958 808 50%

B級選手の総数自体が若干他場より少なめなので、そのぶん拮抗レースが増えて、差しやマクリもある程度決まってるという事ですね。

モーター入れ替え時期

ボートレースの出走表には、各選手のモーター勝率・連対率などの成績が記載されているが、モーターを入れ替えた直後はモーターの良し悪しよりも、上手い選手が使ってたモーターの成績が映えるため、モーター入れ替え後2〜3ヶ月は慎重に判断したい。

桐生競艇場のモーターは毎年12月に入れ替えとなります。

桐生モーターランキング

桐生競艇は荒れるのか?

桐生競艇場の万舟券発生率は全国平均よりも少し低いものの、ほぼ平均的な波乱度の水面であると言えそうです。


コース別成績(SG・G1・G2)

コース 得点 1着率 2着内 3着内 F L 平均ST
1 8.03 56.4 72.2 83.7 1 0 0.15
2 5.64 13.8 44.0 58.8 0 0 0.16
3 5.03 11.4 31.9 50.9 0 0 0.15
4 4.97 10.4 28.1 48.1 1 0 0.15
5 4.23 6.1 15.2 35.7 1 0 0.15
6 3.19 1.9 9.4 24.3 0 0 0.16

コース別成績(優勝戦)

コース 得点 1着率 2着内 3着内 F L 平均ST
1 8.24 73.5 73.5 82.3 1 0 0.12
2 5.21 2.9 44.1 50.0 0 0 0.15
3 5.26 8.8 35.2 55.8 0 0 0.15
4 5.35 8.8 26.4 55.8 0 0 0.14
5 3.18 2.9 14.7 26.4 0 0 0.14
6 3.74 2.9 5.8 29.4 0 0 0.14

雨の日の傾向

まず、競艇は通常雨や雪が降っても開催されますが、台風の時などヤバ過ぎる天気の時は開催が中止されるし、一時的な大雨なんかで発走時間を遅らせたりはあります。

つまり、競走に影響が無い程度の雨・雪だからレースが行われているのであって、競走結果に影響がありそうな天気の場合はそもそもレースは行いません。

なので、雨の日は荒れるとか、雨の日はインかアウトかどっちか有利不利になるとか、そういう事はありません。全ての競艇場がそうです。

競馬や競輪・オートと違い、元々水上の競走なので雨で滑るとかないし、普段から水しぶきを浴びて競走してるのに雨が降ったって何も影響無いんですよ。

あるとしたら、競艇雨の影響【荒れるとは限らない】でも話したように、空気中の水分量が変わり、エンジンの調整が未熟な場合はミスがあるかも…という程度です。

競艇場の傾向ではなく、選手個人の整備技能の話ですし、展示タイムがそれなりに出てれば、問題無い事は簡単に判断できます。

雨の日のデータを載せて、もっともらしい解説をしているサイトもありますが、ハッキリ言ってデータの分母が減って紛れが出ているだけで、それ意味ないっすよ!て感じ。

追い風・向かい風・横風

競艇は思いのほか風向きの影響が少ない無風から風速6mくらいまでは、風向きがどうであれ、競走の結果に有利不利を発生させるほどの影響力は無い。

詳しくは競艇風の影響【追い風・向かい風・横風】に書いたが、風の影響などたかが知れていて、水の抵抗の方がよほど影響力が大きい。

それでも、風速6mを超えると、明らかにイン逃げの成功率が落ちるデータが確認されていて、分母が減ることの紛れではなく、ハッキリと影響があると判断できる。

風自体ではなく、風によって水面に起きる波・流れが影響している。

人間が陸上を歩くのと、プールの中を歩くのを比較すれば容易に想像がつくだろう。

風によって水面に波が立ち、流れができる。これがイン逃げの成功率を落とす要因になっているが、競艇場によって違ったり、特定のコースが有利になったりはしない。

イン逃げが自滅して失敗した結果、2〜6コースのどれかが結果的に有利になっているだけであり、波の立った水面を走るのは6艇どれも条件は同じ。

2〜6コース艇もまたスタートミス・ターンミスは発生しやすくなっている。

特定のコースや戦術が有利になるのではなく、1コース艇のミスにより、2〜6コースのどれがラッキーを拾えるかは、その時々で違う。

統計データっぽいものを載せて◯◯競艇場は追い風だと◯コースが有利!とか言っちゃってる頭の悪い人もいるけど、鵜呑みにしない方が良い。

風は向きではなく強さが重要。

私が舟券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする