舟券読み方・万舟券とは・万舟券の読み方

ふなばんドットコムの川田です。

ボートレース(競艇)の舟券は(ふなけん)と読みます。正式名称は勝ち舟投票券(かちふねとうひょうけん)と言います。万舟券は(まんしゅうけん)と読み、万舟は(まんしゅう)と読みます。万舟券と万舟は縮めてるだけで同じ事を指しています。

言ってる人は少数かも知れませんが、万舟券(まんふなけん)でも通じます。

万舟券とは倍率が100倍以上になる舟券を指します。つまり100円買って1万円以上の配当がつくものが万舟券ですね。99.9倍以下は呼びません。

一般的には短く「マンシュー」と呼ばれる事が多いですね。

万舟券の当て方

万舟券の当て方について説明します。

万舟券の発生頻度は、1日1場あたり3本〜4本で、もちろん0本の時もあるし6本の万舟券が飛び出す事もありますが、平均すると3本〜4本程度です。

三連単の何番人気あたりが万舟券になるのか調べてみました。

39番人気以下で30本・40番人気から49番人気までで37本・50番人気から59番人気までで29本・60番人気から69番人気までで13本・70番人気から79番人気までで11本・80番人気から89番人気までで17本・90番人気から120番人気までで16本と言う結果です。

大体、40番人気から69番人気までの合計29点を押さえておけば、万舟券の半分はGETできると言う事になります。

万舟券の発生する確率は統計上3割前後なので、12レース中3本から4本ぐらいの万舟券が出るわけで、その内の役半数となると1.5本から2本の万舟券が取れますね。

私が舟券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする