競艇トリガミ取って損になる保険舟券は買うべきか買わないべきか

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

競艇の三連単は全部で120通りあるわけですが、これをさすがに1点で当てようと思うと大変ですから、たいていの人は3点とか5点とか10点とか、そういう複数の買い目で勝負します。

しかし、買い目が増えれば増えるほど当たる確率は高くなるものの、同時に外れ舟券も大量に発生して利益を圧迫してしまうのも事実。時にはトリガミとか取って損と言われる舟券が当たったのに収支はマイナスになるという状態になってしまいます。

あまりオッズを見ずに舟券を買って、結果的にトリガミの買い目が当たってしまうケースもあるでしょうし、場合によっては事前に取って損になる事はわかっていても、投資した金額の全額失うのは痛いので、半分とか7割とか戻ってくればヨシと考える時もあると思います。

しかし、そんな思いとは裏腹にトリガミの目すら当たらずに大空振りをやらかして、こんな事ならトリガミになる買い目なんか買わなきゃ良かった…と後悔する事もありますよね。

結局トリガミになる買い目って買うほうが良いのか、買わない方が良いのか、その答えを今日は考察してみたいと思います。

先に結論から言う「トリガミになるような買い目は買わない方が良い」が正解です。

理由は簡単で、例えば10倍の買い目の5点買いをした場合、1点100円の賭け金なら必要なコストは500円で、どれか1点当たった時には1000円のリターンがあります。

つまり、500円で2.0倍の舟券を買っているのと同じという事になります。

ここに取って損になると事前にわかっているオッズ4倍の買い目を追加したとしたらどうなるか、詳しい計算式は今回は省きますが、さっきまで実質2.0倍の1点買いだったものが一気に600円で1.33倍の1点買いをしているのと同じ意味になってしまいます。

普段あなたは130円そこそこの配当の舟券を買っているでしょうか?また、買いたいと思うでしょうか、2連複とかの安い配当を馬鹿にする人は多いですが、いくら3連単を買ったってトリガミの買い目を買ってれば激安の配当を買っているのと同じです。

わかりやすいように表にまとめたのでご覧ください。

Screenshot_from_2016-05-27 10:42:16

平均的な「回収率75%程度になる舟券師の場合」でシミュレーションした結果が上記の表で、たしかに「全空振り」の回数は減っているので、その分大きなダメージは防げるものの、トリガミで小さなマイナスが発生するのと、10倍が当たった時もトリガミの買い目がなければ500円の利益だったのに1点追加する事で400円に利益が目減りしてしまいます。

要するに全空振りなら、それはそれで受け入れて次のレースで挽回するぞという気持ちでいれば良いのであって、心配だからとか、外れるのが嫌だから安いけど買っておこう…みたいな屁っ放り腰の舟券の買い方は長期的にはメリットが無いという事です。

こんな感じで普段多くの競艇ファンが知らず知らず無意識にやっている事が、自分自身をマイナス収支に導いてしまっている事は沢山あります。だから、正しい勝てる舟券理論を知っているかどうかが重要って事なんですよね。

めざせ!舟券で安定収入!

まるで毎日が給料日!年間回収率142%の男が、親兄弟にすら教えなかった競艇の勝つ極意とは?→今すぐ答えを知る

※削除される前に急いで読んでください!

私からのプレゼントです!

累計3600名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

  • 誰にでもできる舟券成績が倍になってしまったある工夫とは?
  • 予想会社も真っ青、すまん!全部もう言っちゃうわ!
  • 本命狙いと高配当狙い、どちらが良いのか?
  • ずるい!配当金を独占する方法とは?
  • なんか良い競艇予想アプリ知らない?実はここだけの話…
  • 競艇の勝ち組が教える舟券の考え方とは?

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。7秒後にあなたのメールアドレスにお届けします!(あれ?届かない…という場合は迷惑メールフォルダを見てみてね!)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。よくあるログインしてどうたら…とか、何かと屁理屈をこねて登録解除を渋る事は一切ありません!メールがいらないと思ったら好きな時にすぐに解除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする