競艇の単勝の買い方・買えないわけではない(複勝もあるよ)

ふなばんドットコムの川田です。

単勝とは、ボートレースで1着になる艇番を当てる舟券の事です。複勝とは2着以内に入った艇のどちらか1つを当てる舟券で、ボートレースにも、あまり知られていませんがちゃんと単勝と複勝が存在し、買う事ができます。

ボートレースのオフィシャルWebにも載っています。


画像引用:ボートレース公式Webサイト

単勝の買い方

しかし、競艇場やボートレースチケットショップ(場外舟券売り場)へ行って、いざマークカードを見てみると、単勝なんてどこにも書いていません…。

画像引用:ボートレース公式Webサイト

実は競艇場自体が単勝・複勝の販売に積極的でなく、大体の場合は競艇場の隅っこの窓口でひっそりと単勝・複勝専用窓口があると言うケースが多いです。

その専用窓口の所には単勝・複勝専用のマークカードが置いてあります。

確か尼崎本場なんかは全ての券売機で買えるようになっていたと思うのですが、最後に私が行ったのは数年前の話なので、今はどうでしょうかね?

あと場間場外発売やボートピア・オラレなどでは単勝・複勝は買えないし、本場でも大体は隅っこのわかりづらいところに窓口が1つある程度です。

インターネット投票では単勝式も複勝式も普通にちゃんと買えますから、現在一番現実的な方法はネット投票でしょうね。

でも実は通常のマークカードと券売機でも、舟券の式別をわざと空欄にする事によって、エラーを出し、画面タッチにより単勝を選択すると言う裏技もあります!

【単勝舟券の買い方】単複専用マークカードを使わずに単複舟券を購入する方法

これはちょっとおもしろい(笑)けど、この方法は券売機の仕様を上手く利用したものなので、全ての券売機がこれで単勝買えるわけじゃないので注意!

単勝オッズを見る方法

単勝オッズは一応、競艇場本場の単勝複勝専用窓口の近所に、モニターがあってそこで見るか、またはインターネット投票のオッズ投票画面とか、あとはボートレースの公式Webサイトでも見る事ができます。

ん?1.0倍とか、0.0倍って何だ?と競艇初心者の人は思うかも知れません。これは正真正銘実際のオッズで、1.0倍が当たると、100円買った人は100円が戻って来ます。

儲けはなく、まったく意味がありません。

0.0倍…と言うのは、まだ誰も舟券を買っていないと言う状態で、的中者なしと言う事になりますから、例えば6番が買った場合、1番の舟券を買っていた人はハズレではなく「特払い」と呼ばれる70円返金の仕組みが適用されます。

ちょっと以下でもう少し詳しく解説していきます。

競艇の単勝売上は少ない

こんな感じで、わざと窓口を目立たなくしたり、場外では取り扱い自体が無かったりするので、当然単勝の売上はかなり少ないんですよね。

1レースあたり数千円とか、数万円なんてザラなんですよ。名も無き一般戦とかだと、上記の画像のように1レースあたり100円って事もあるわけです。

では、どうして競艇場・主催者サイドは、こんなシンプルで当たりやすい舟券を日陰者のように扱っているのでしょうか?

単勝元返しを嫌っている

ボートレースはご存知かと思いますが、1号艇がとても有利な競技なので、単勝も1号艇を買う人が多いわけで、有名なA1選手だったりすれば、人気はかなり集中するでしょう。

あまりに人気が集中すると、単勝オッズは1.0倍になりますよね。

本来なら競艇主催者は舟券売上の25%が収益になるわけですが、この1.0倍の元返しが発生すると、取り分が24~0%と減ってしまうのです。

それに舟券を買った人にしてみても、100円で買った舟券が当たって、それで100円が戻って来ても、それが何やねん!って話だし、外れたらパァなのは一緒ですし、面白くありません。

そういうわけで、ならもう単勝・複勝は隠してしまえ!と言う事なんです。

単勝特払いとは

ただ、あまりに買う人が少ないと面白い事があって、舟券と言うのは単勝に限らず、的中者がいなかった場合、全ての舟券を70円返金してくれる特払いと言う仕組みがあるんですよ。

オッズで0.0ってなってるのが来ると、特払いが発動します。

でも主催者サイドとしては、この特払いは元返しと違って70円を返金すれば良いだけなんで、主催者は30%の取り分ですから、全然困らないわけです!

単勝が中途半端に売れて元返しを連発されるくらいなら、特払いにでもなってくれた方がマシ…という事で、競艇では単勝・複勝は隠し続けられて来ました。

単勝と複勝の配当逆転

面白いと言えばもう1つ、単勝と複勝の配当が逆転する現象が結構頻繁にあります。

これは2連単と2連複の関係を思い出してみれば、それほど不思議な事では無いと思いますが、 2連単の折り返しを買うよりも2連複1点の方が結果的にはお得だった…みたいな。

単勝140円の選手の複勝が210円もついてたりとかね。

競艇は単勝で儲ける事ができるのか?

競艇の単勝は売上が超少ないため、オッズの乱高下がとても激しいです。そのため、たまに「この選手の単勝でこのオッズは美味しいかも」と言う場面も無くは無いですが、その逆もあり得るんですよね。

単勝で20倍のオッズだから1000円買ってみよう…と買うと、自分の投票行動によりオッズが極端に下がってしまいます!

競艇(ボートレース)の配当(払戻金)およびオッズは舟券の売上額から、法律で定められた計算方法によって決めています。

モーターボート競走法・第十五条 施行者は、勝舟投票法の種類ごとに、勝舟投票の的中者に対し、その競走についての舟券の売上金(舟券の発売金額から第十八条の規定により返還すべき金額を差し引いたもの。以下同じ。)の額の百分の七十五以上国土交通大臣が定める率以下の範囲内で施行者が定める率に相当する金額を当該勝舟に対する各舟券に按分して払戻金として交付しなければならない。

要するに、舟券の売上から25%を主催者が取り、残りの75%を的中者で山分けするという仕組みになっています。

配当・オッズ=(舟券売上×0.75)÷的中票数

※票数とは賭け金100円の事を指す。その組み合わせが200円売れていれば2票で、1万円売れていれば100票という事になる。

つまり!

他人の負けた金が配当金の源泉である以上、買う人が少なく売上の少ない単勝では取り分となるための他人の負け金も少ないため、大きく儲けるのは不可能!と言う事です。

私が舟券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする