大村競艇特徴

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

ボートレースの大村競艇場の特徴について解説していきます。できるだけ舟券や競艇予想に直結する内容を優先的に話していきますね!

1コースの強さ

大村競艇場の1コース勝率は全国トップクラスです!

1号艇のA級率は70%と高い。しかもA1選手の比率が高い。でも5号艇・6号艇のA級率も結構高い方なので舟券的には相手選びが難しいかもね。

 大村 A1 A2 B1 B2 A級率
1 976 690 667 43 70%
2 588 647 1047 94 52%
3 613 694 970 99 55%
4 614 565 1061 136 50%
5 534 611 1034 197 48%
6 631 565 851 329 50%
合計 3956 3772 5630 898 54%

超抜機モーター

大村競艇場のモーターは毎年3月に入れ替えとなります。

大村モーターランキング

大村競艇は荒れるのか?

大村競艇場の万舟券発生率は全国平均よりも低く、どちらかと言えば平穏な決着が多い競艇場だと言えますね!

大村得意な選手

トップ選手の中で、大村競艇場が得意な選手をリストアップ!

  • 前本   泰和
  • 守田   俊介

大村苦手な選手

トップ選手の中で、大村競艇場が苦手な選手をリストアップ!

  • 上野  真之介
  • 篠崎   仁志

コース分析

大村競艇場の水面は海水なので干満差もあります。つまり基本セオリーから考えると、水位や水流の安定している工業用水プールなどと比べると、あまり堅い・平穏に決まるという特徴にはならないはずです。

※コース図は公式HPより引用

しかし大村は周囲を防風ネットで囲み風の影響を減らし、波・うねり対策も進めているため、レース映像を見てもわかるように水面が海水のわりにとても穏やかです。

そして、ピットが水面の左と言うよりは客席側に近いため、発走ピットから第2ターンマークまでの距離が全国で5本の指に入るほど短く、1号艇がゆっくり落ち着いて1コースを取りやすい、つまり深インになりづらいと言えます。

さらに第1ターンマーク付近の幅員が48mと全国平均から見ても広く作られているため、アウトコース艇がイン艇に極端なプレッシャーをかけて来なければ、1コース艇がスピードを緩め過ぎずターン態勢に入る事が可能になる。

私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。→今すぐクリックして秘密のテキストを読む

大好評の無料メルマガ&レポートはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする