競艇風の影響【追い風・向かい風・横風】

競艇必勝法ふなばん.comの川田です。※新企画・AI競艇予想ふなばんもよろしく!

競艇は思っているほど風の影響が少ない。無風から風速6mくらいまでは、風向きがどうであれ、競走の結果に有利不利を発生させるほどの影響力は無い。

これは断言できるレベル。

そもそも艇内に体を伏せて乗ってるし、水面スレスレの平べったいボートで、風の影響などたかが知れていて、水の抵抗の方がよほど影響力が大きい。

それでも、風速6mを超えると、明らかにイン逃げの成功率が落ちるデータが確認されていて、分母が減ることの紛れではなく、ハッキリと影響があると判断できる。

とは言え、風速6mなんて時速21キロの風圧と同じで、たかが知れている。つまり風自体ではなく、風によって水面に起きる波が影響している。さっきも言ったように、空気抵抗と水の抵抗では、水の抵抗の方が遥かに力が強い。

人間が陸上を歩くのと、プールの中を歩くのを比較すれば容易に想像がつくだろう。

風によって水面に波が立ち、流れができる。これがイン逃げの成功率を落とす要因になっているが、風向き自体には実は殆ど意味がない。

(他の競技を見ても競馬・競輪・オートレースで、競技中に地面が動くなどあり得ない。しかし競艇は風や潮・波・水流によって足元が動くのだ!なんという競技!)

1コースだと、追い風だと深インになってしまうぞ!と思うかも知れないが、追い風なら短い助走距離でもすぐにトップスピードに到達できるため、特に困らない。

競走に影響が出るような風速の場合、例えば台風のような強風であれば、さすがにボートがひっくり返ったり、影響があるだろうが、そういう日はレース自体が中止されるわけで、開催できる程度の風ならほとんど意味はない。

江戸川では川という性質上、かなりの波高になるレースもあるが、かと言ってそういうレースが荒れて高配当になるかと言うと、実は全然そうでもなかったりする。

つまり風で波ができても、舟券が荒れる決着になるとは限らない!

陸上のモータースポーツでは、先行車の真後ろにポジションを取る事で、空気抵抗を減らすジェットストリームというテクニックがあるが、競艇では一切それが無いのも、空気抵抗より、先行艇の引き波に乗ることが大きく不利になるからに他ならない。

追い風、向かい風を問わず、風があるとターンの時にどうのこうのと言っている人がいるが、ターンの時には減速してターン態勢に入るわけで、ますます風の抵抗は弱い

それに風にしろ、風による波にしろ、6艇全艇に等しく影響するし、舟券購入時の風速や風向きが、レーススタート時でも維持されている保証もない。

次の瞬間にも変わっているかも知れない風向きなど、考えても仕方が無い事なのである。

そんなことよりも、6コースに進入した6号艇の勝率はどこの場も2%前後だが、これが4コースに割り込むだけで勝率は一気に5倍10倍に跳ね上がる。

風の微々たる影響を気にするくらいなら、本番で1つでもインコースに入ろうとする選手がいないかを探った方が、よっぽど役に立つ。

舟券が絶対当たって、トリガミにもならず、絶対プラスになる方法があるって言ったら多くの人は笑いましたが、⇒このページを読ませてみたら彼らは…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする