荒れやすい競艇場【荒れる競艇場会場】

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

荒れやすい競艇場について解説します。一番荒れる競艇場の会場は戸田で、次いで平和島と江戸川が上位になっています。

荒れる競艇場ランキング

荒れる競艇場のベスト8をランキング形式で紹介します。

順位 競艇場 1C勝率
1 戸田 44.2 %
2 平和島 45.2 %
3 江戸川 47.5 %
4 鳴門 51.9 %
5 浜名湖 52.5 %
6 多摩川 53.1 %
7 びわこ 53.3 %
8 三国 53.5 %

以前は福岡も全国トップクラスに荒れていたのですが、競艇場の改修により外部からの流れが遮断できたため、今はランキング外の9位です。

一応8位まで出しましたが、荒れやすいと言えるのはトップ3場くらいまで。それ以下は微差であり、荒れやすいとまでは言えないかな。

江戸川や浜名湖はフライング率も高いし、難しい水面だと言えるでしょう。

荒れる競艇場の特徴

海や川など自然の水を使用している競艇場は、流れや潮の満ち引きの影響を受けます。

満潮と干潮では水面の高さが変わるので、選手がスタートの目安にする景色の見え方が違ってきます。また、満潮と干潮とでは潮の流れて行く方向が異なるので海水の流れを上手く利用できる地元選手が有利になり、そうではない選手は不利になりがち。

あとはコースレイアウトが窮屈な狭い競艇場も荒れやすいです。

ギュッと艇間が詰まって窮屈になり、他艇にぶつけられたり、引き波に乗ってしまったり、差す隙を見つけられなかったり、色々と波乱の要素が出てくるわけです。

つまり、選手にとって乗りづらい競艇場は、舟券師にとって読みづらい競艇場であり、思わぬアクシデントやミスによって波乱の決着になって穴舟券が頻出するという事。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする