私の競艇必勝法はこちらで公開

穴が出やすい競艇場 荒れやすい競艇場

こんにちは、競艇必勝法ふなばん.comの川田です。

穴配当がよく出る荒れやすい競艇場はどこなんでしょうか?全国に24場ある競艇場の内、穴配当がよく出て荒れるレースの多い競艇場はどこなのか?それを探ってみたいと思います。まず、一般的な事を言うと、穴の出やすい競艇場には2つの特徴があります。

穴が出やすい競艇場の特徴1:海水を使用している

自然の海水を使用している競艇場の水面は、防波堤によって海と競艇場コース内は区切られているものの、水門部分によって「水は繋がっている」ので、当然の事ながら潮の満ち引きの影響を受けます。

満潮と干潮では水面の高さが変わるので、選手がスタートの目安にする景色の見え方が違ってきます。また、満潮と干潮とでは潮の流れて行く方向が異なるので海水の流れを上手く利用できる選手が有利になり、そうではない選手は不利になります。

競艇場全24場の水質・海水・汽水・淡水の一覧表

競艇場名 水質 干満差
桐生 淡水 なし
戸田 淡水 なし
江戸川 汽水 あり
平和島 海水 あり
多摩川 淡水 なし
浜名湖 汽水 あり
蒲郡 汽水 なし
常滑 海水 ★なし
淡水 なし
三国 淡水 なし
びわこ 淡水 なし
住之江 淡水 なし
尼崎 淡水 なし
鳴門 海水 あり
丸亀 海水 あり
児島 海水 あり
宮島 海水 あり
徳山 海水 あり
下関 海水 あり
若松 海水 あり
芦屋 淡水 なし
福岡 汽水 あり
唐津 淡水 なし
大村 海水 あり

上記は競艇場24場の海水・汽水・淡水の別と、干満差があるかどうかを一覧にした表です。基本的に干満差が生じるのは海水を使用しているボートレース場だけですが、常滑だけは海水を使用しているものの水門を閉じているためか干満差が発生しません。(参考:オフィシャルWebより)

穴が出やすい競艇場の特徴2:コースレイアウトが窮屈

通常は1コースに進入する艇は第2ターンマークに沿って向きをスタート方向に向けます。ターンマークのブイ(浮かんでる赤白の目印ね)から多少はスペースを設けてのスタート体勢になるわけですが、スタート後に第1ターンマーク付近の幅員が競艇場によって異なるので、場合によっては観客席側に斜め移動をしなければなりません。

競艇で1マーク付近が窮屈な場合の展開図

アウトコースの艇はインに寄せて来るし、ターンマークがあるのでイン艇は外に出さないといけないしでギュッと艇間が詰まって窮屈になります。それだけ他艇にぶつけられたり、引き波に乗ってしまったり、差し場を見つけられなかったり、色々と波乱の要素が出てくるわけです。

つまり、選手にとって乗りづらい競艇場は、舟券師にとって読みづらい競艇場であり、思わぬアクシデントやミスによって波乱の決着になって穴舟券が頻出するという事ですね。コースレイアウトが窮屈だとどうなるかと言うと、大体は「インが弱い」のとほぼイコールになります。

競艇場別 1コース 勝率一覧

競艇場名 1コース勝率
桐生 46.3
戸田 41.4
江戸川 40.0
平和島 41.9
多摩川 44.8
浜名湖 46.3
蒲郡 50.4
常滑 41.2
47.5
三国 46.7
びわこ 45.5
住之江 55.5
尼崎 49.7
鳴門 —-
丸亀 46.4
児島 51.6
宮島 45.6
徳山 55.8
下関 56.0
若松 45.4
芦屋 53.6
福岡 38.9
唐津 51.2
大村 62.3

上記は全国の競艇場の1コース勝率の一覧表です。大体関東はインが弱くて西に行くほどインが強いようですが、これには注意が必要で、コースレイアウト的にはインが強くは無いのだけれど、番組的に強い選手をインに置いてインの数値が良くなっている競艇場があります。

平均配当と万舟券の発生率で比較してみよう

競艇場名 3連単平均配当 万舟券
桐生 7239 18.3%
戸田 7974 21.1%
江戸川 7243 18.3%
平和島 7579 20.1%
多摩川 7535 19.1%
浜名湖 7666 18.6%
蒲郡 6944 17.4%
常滑 7666 18.9%
7390 18.0%
三国 7750 18.6%
びわこ 7998 21.5%
住之江 7620 18.1%
尼崎 7194 17.5%
鳴門 -%
丸亀 7705 20.6%
児島 7369 18.6%
宮島 8050 19.7%
徳山 7390 14.8%
下関 7449 17.1%
若松 7458 18.4%
芦屋 7929 19.0%
福岡 7451 18.8%
唐津 7278 17.8%
大村 7683 16.9%

上記は直近の過去1ヶ月の3連単平均配当と万舟券の発生率の一覧なのですが、これらの数値が低ければ低いほど実際に高額配当が出ていないという事ですから「荒れない競艇場である」と言えそうです。

しかし、上記の表を見てもわかるように、競艇場ごとによってそれほど大きな差が数値上では見られません。上位と下位ではマンシュウの発生率が5%近く違ってますがこれは言い換えると2日に1本だけ万舟券が多いというレベルの話です。

インが弱い競艇場はそれなりに舟券購入者もそれを織り込んだ予想を組み立てますから、潮の満ち引きやコースレイアウトで乗り難しい競艇場であったとしても票が集中するか割れるかの違いはあれど、平均的な配当の数値にはさほど影響しないという事です。

結局荒れるかどうかというのは出走メンバー構成や、進入コースやレース中のミス・アクシデント、それに気象状況の変化、それからモーターの調整失敗などのレース前のミス・アクシデントなどの方が「どこの競艇場か?」よりも影響度が強いという事なんですよね。

結局いくら荒れようとも、自分がその舟券を買えない事には全く意味がありません。

競艇の舟券で生活費を稼ぐ私のとっておき理論は競艇必勝法ふなばん.comで公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする